ランチのちワイン、時々トラベル。

g00exia.exblog.jp
ブログトップ
2009年 03月 03日

ワインハウスBOUCHON(ブウション)

ワインハウスBOUCHON 評価★★★★★+

ブルゴーニュディナー 15000円(一名)
〜レアブルゴーニュ特級&1級ワイン全5種類と料理を楽しむ一夜・・・
DSCF4441.jpg
素晴らしいワインとお料理のマリアージュを堪能するイベント。
カネサ藤原屋さん経営のBOCHONは
いつもワイン好きの方々で賑わっています。
この日も、19時前にはたくさんのお客様がワインを楽しんでいました。

Ⅰ.スパークリング クレマン・ド・ブルゴーニュ
DSCF4453.jpg DSCF4425.jpg
前菜:真つぶのブルギニヨン
DSCF4427.jpg
スパークリングの刺激的な泡や爽やかな苦みが、
ガーリックと磯の風味たっぷりのプリプリつぶを包み、
さらにもう一口つぶを口に運びたくなります。
生臭さを全く感じさせることがない組み合わせ。
一品目から全開!

Ⅱ.白 1991シャサーニュ・モンラッシェ・1級・ヴェルジェ F・ガニャール
DSCF4452.jpg DSCF4429.jpg
お魚料理:ホタテと白身魚のクルネ ソース・ヴァンブラン
DSCF4431.jpg
明るいはちみつ色に色づいた1991のうっとりする白ワイン。
すでに貴腐ワインのようなとろける甘さもわずかに備えています。
温州みかんのようなやさしい甘みとしっかりしたミネラル感。
ヘーゼルナッツのようですよ、とソムリエ引地さんもおっしゃっていましたが、
本当にナッツのようなアロマとコクがある溜息ものの白ワイン。
それに合わせる料理は、白ワイン風味のソースでいただく魚介のつみれ。
ホタテの香りとダシが強烈ですが、
ソースも負けじとコクがあってとってもクリーミーです。
重白ワインとの相性は言うまでもなく美味な関係。


Ⅲ.赤 2000ヴォルネー・1級・サントノ・デュ・ミリュー コント・ラフォン
DSCF4451.jpg DSCF4436.jpg
お肉料理:仏産仔鴨胸肉の軽い薫製 フランボワーズ風味ソース
DSCF4433.jpg
まず、鴨肉の薫製がとても美味しい!
このラズベリーソースの酸味と塩分が秀逸!
ワインは樽香がしっかりしていて、
苺やラズベリーなど実が詰まった赤いベリー思わせる香りがします。
ジューシーなワインでした。
もちろん料理とのマリアージュは完璧です。

Ⅳ.1990 ヴォーヌ・ロマネ・1級・レ・ショーム ロベール・アルヌー
DSCF4450.jpg DSCF4439.jpg
お肉料理:仏産仔鳩のビスクムース ミカンのソルベ
DSCF4438.jpg
一度、飲んでみたかったロベール・アルヌーさんのワイン。
優しいのに芯が通っている素晴らしい香りです。もう夢心地ですね。
タンニンも細かく溶けていて、酸は控えめで甘みさえ感じます。
鳩のムースにミカンのソルベですが、
素人には絶対に思いつかない組み合わせに驚きましたが、
本当に美味しいのですよ。ルッコラのゴマのような風味ともマッチ。
鳩・ミカン・ルッコラ・ワインが渾然一体となって幸せにしてくれます。


Ⅴ.2006エシェゾー・特級 ニコラ・ポテル
DSCF4449.jpg DSCF4446.jpg
お肉料理:国産牛スネ肉のブッフブルギニヨン

2006なのでまだまだピチピチ弾けているワインでしたが、
牛スネ肉のブッフブルギニヨンに黒胡椒をふんだんに使っているおかげで、
まだこなれていないワインの酸やタンニンに意外なほどマリアージュして驚きました!
若いブルゴーニュの料理の合わせ方、勉強になりました。


DSCF4424.jpg DSCF4448.jpg 
バケット・クルミパン・レーズンパン       食後のクレーム・ブリュレ


名物?ロマネコンティ・タワー
DSCF4443.jpg
もう、一口飲むごとに溜息をついてしまうほどでした!
こんな素晴らしいワインを一度に飲めるなんて夢のようですよ。
しかも、信じられないことにおかわりありなのです。
グラスが空になったら、さっとサーブして下さいます。
心の中で、狂喜乱舞ですよー。
また、お料理もレベルが高いです。
厨房とはお世辞も呼べないちっちゃなスペースで、
あのような料理を作っているなんて驚愕です!
全てが素晴らしかったブルゴーニュ・ディナー。。。
料理だけでなくワインもフルコースなので、
4時間たっぷりと夫婦の会話を楽しみながら素敵な時間を堪能しました。
またイベントがあったら最優先で駆けつけなければです〜(>_<)〜


BOUCHON
仙台市宮城野区元寺小路210
TEL 022-257-2331
HPはこちら↓
 BOUCHON
[PR]

by exia00 | 2009-03-03 00:37 | ワイン


<< Antreffen(アントレッ...      ホシヤマ珈琲(アエル店) >>