2009年 04月 07日

歓の季(かんのき)

歓の季(かんのき)     評価 ★★★★☆


国分町通りの「歓の季」さん。
ご存じの方も多いと思うのですが、
12時の開店前に予約完売するという幻のランチなるものがあります。
DSCF0365.jpg
「うまいものいま井」の看板がでている小径の奥にあります。
「カフェシクロ」は歓の季のさらに奥。
ここの狭いエリアに美味しいお店がぎゅぎゅっと立ち並んでいますね。
DSCF0363.jpg
落ち着いた佇まい。


多くの言葉はいらない珠玉の歓の季ランチ。
海鮮丼1000円(海鮮丼・小鉢2種・お味噌汁・プチデザート)
DSCF0355.jpg
ランチはこちら一種類のみです。

DSCF0356.jpg
真ん中に甘くとろけるような中落ち。
鮪の赤身・中トロ・平目・いくら・帆立・鱈子・卵焼き・鮪のほっぺの味噌焼き。
1000円に思えないほどのネタの良さと種類。
中落ちは、骨が集まったら削るのではなく朝に市場で仕入れた新鮮なもの。
いくらもたくさんでビックリです。
帆立や鱈子は軽く燻製してありますし、
鮪のほっぺもさらに柔らかくなるよう味噌漬けにして焼いてあります。
一つ一つのネタにこだわりやご主人の優しさが感じられて本当に幸せなランチです。
そして、かなりのボリュームですので、
女性の方は「小さめ」が丁度いいかもしれません。(写真も小さめオーダーです。)
完食しましたが小さめでもかなりの量だと思います。


DSCF0358.jpg DSCF0359.jpg
大根の浅漬け&大根の甘辛炒め煮   素朴で美味しい♪


DSCF0357.jpg
小豆プリン小倉クリームがけ
ちょこっとついているデザートが嬉しいですよね(´∀`)
しかも、美味しいんですよー。
最後まで幸せな気分でいただきました+.((ヽ(・ω・)ノ))゚+.゚イイッ!!


夜のメニューも見せてもらいましたが、
酒が進んでしまいそうなそそられる内容でしたよ。
日本酒もリーデルのワイングラスで出して下さるそうです。
お洒落ですね〜。
自宅から近いので夜も潜入してみたいです。




「歓の季」
住所:宮城県仙台市青葉区国分町3-2-10
TEL:022−215−0363
*ランチは平日のみ 要予約です!!
[PR]

by exia00 | 2009-04-07 22:18 | 和食


<< AfternoonTea TE...      韓国旅行2009年3月 3日目 ② >>