ランチのちワイン、時々トラベル。

g00exia.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 18日

うな貴(うなき)

うな貴(うなき)            満足度:★★★★☆

7月19日は土用丑の日ですね。
お店が賑わう前に一足先に鰻を堪能して参りました。

仙台で一番の鰻屋さんといえば「うな貴」でしょうか。
国産鰻を備長炭と七輪で焼き上げる創業からのお味です。
鰻自体の質は普通なのですが、
素晴らしい焼き方や絶妙な甘味のタレによって、
長年に渡って仙台人に愛される鰻になっているのだと思います。
DSCF4650-ug.jpg


民家のような佇まいの店内。
DSCF4593-una.jpg

1階2階ともにお座敷になります。
お席は決して多くないので要予約です。
11時からのお昼の営業開始から
2階はお客様である程度埋まっています。
空いているように見えても予約席だったりします。
夏は特に混雑するので、
お昼時には予約で入店してもかなり待つようですよ!!


特二段お重(白焼きと蒲焼きを両方楽しめるお膳) 3600円
DSCF4599-unazenn.jpg
迷わずコレ!どっちもそれなりの量が食べたい欲張りさんにオススメ。
この値段で2つともいただけるなんて幸せです
ちょっとずつ色々食べたい方は「うな貴三昧」とか、
白焼き・鰻重・肝焼き・吸物・香物・スイーツまで付いた「うな貴御膳」なんかがいいかも(^^)
注文を受けてから焼き上げるのでお膳がくるまでに30分くらいかかります。

お重
DSCF4602-unat.jpg
ウマー!(゚Д゚ ) ( ゚Д゚) ウマー!やっぱり美味しいですねえ
鰻重は竹より少し小さいくらいの鰻が一尾。
ちょっと、あれ?と思ったのですが焼き方が変わりましたね!
以前は、かなーり焦げてる?って感じの黒っぽい仕上がりで、
備長炭の香りを十分すぎるほどに感じられる焼き上がりだったのですが、
ものすごくスタンダードな外見に生まれ変わっておりました。
不安を感じつつもいただいてみましたが、
備長炭と七輪で焼き上げる香ばしさはやはり健在のままで、
以前の強烈な焦げ(笑)がない分、食べやすくなっていました。
うな貴さんの美味しいタレが良く味わえる焼き具合ですが、
ほんのもう少しだけ焼きが強い方が「うな貴」らしさがあって良いと個人的に思います。
身のふっくら具合と表面のカリッと香ばしいコントラストは相変わらずです。
ごはんも調度良いやや硬めに炊いてあります。

DSCF4619-ut.jpg
タレをさらにかけても美味しい。
タレは、さらさらのあっさりした甘味が特徴。
ほのかに生姜の風味が隠されており、
少し多くかけてもしつこくならない絶品のタレ。
こっくりしたタレで鰻を召し上がりたい方には物足りないかな?

DSCF4634-sa.jpg
山椒は2種類。
左は、細挽き。右は、粗挽き。

DSCF4633-sans.jpg
細挽きは、すっきりした程よい刺激。


DSCF4631-sana.jpg
粗挽きは、柚子などが混ざっているのではと思ってしまうほど香り高く、
刺激香はふんわりとしている。


白焼き
DSCF4606-unas.jpg
(゚д゚)ウ-(゚Д゚)マー(゚A゚)イ-...ヽ(>Д<)ノ...ゾォォォォォ!
鰻の脂の旨味が直に味わえる一品。
脂の滑らかで甘いこと・・・堪りませんね!!
ふあふあの柔らかさも最高。
仕事がなかったら飲みたいですよ。
白焼きも大きさは鰻重の鰻とほぼ同じ。

DSCF4611-usu.jpg
山葵や塩でいただきます。山椒かけても、山葵醤油でも旨い。


DSCF4610-haku.jpg
白焼き用の白飯。

DSCF4608-s.jpg
塩と山葵

DSCF4607-o.jpg
肝吸い
やや塩気を感じるが柚子の華やかな香りで好印象。

DSCF4609-omi.jpg
香の物 小茄子・味噌漬大根・ぬか漬け胡瓜&大根という仙台らしい内容。



DSCF4645-u1.jpg
ブラウン管TVやら書物やらが置かれております。
ティッシュペーパーの箱があり、利用しようとしたら・・・空っぽ?
よく見たら・・・

DSCF4639-uat.jpg
立派なドリンク表として活用されておりました(爆笑)


DSCF4650-ug.jpg
お店の外観は、こんな感じの「THE 民家」だけれども、
仙台で長きに渡って支持されている老舗鰻屋さんの風情がでています。



【一週間後・・・7/17】
DSCF5620-ub2.jpg
三越で「土用丑の日」の催事が行われておりました。

DSCF5618-ub3.jpg
なんと、うな貴も出店!!
2625円のお弁当の他に、1260円のお弁当、う巻き、蒲焼きが販売されておりました。
買わねばと即刻購入。
この時期はいくら予約してもお店では1時間半くらい待つので、
待たずに食べられるお弁当は有り難いです(^^)
12時頃にはお弁当の第一弾が売り切れるようで、
第二弾は14時頃お店から届くとのことでした。
私は、10時の開店時に行ったので出来たてほかほかをGETできました♪

DSCF5633-ub.jpg
1260円のお弁当(鰻1/2尾・香の物・タレ・山椒付き)
この価格でも十分にうな貴の美味しさを堪能できます!
2600円のほうは鰻1尾入っているようです。

DSCF5634-uup.jpg
やっぱり、焼き具合はマイルドになっているようでした。
午後からの仕事前にいただいて元気をチャージ♪
夫も、夜からの仕事前に一時帰宅したとき食べてくれました(>_<)

DSCF5639-tuk.jpg
香の物は、小茄子と味噌漬け大根。

DSCF5638-hs.jpg
ごちそうさまでした♪
[PR]

by exia00 | 2009-07-18 00:07 | 和食


<< Joel Robuchon R...      東京2009年6月④ 最終回 >>