ランチのちワイン、時々トラベル。

g00exia.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 24日

勝山館 Ristorante PADRINO del SHOZAN

Ristorante PADRINO del SHOZAN      評価:★★★★☆
(リストランテ パドリーノ デル ショーザン) *2009.7.20リニューアル(来店は7月末)   

仙台随一のフレンチレストランとして、
多くの支持を集めてきたレストラン『SHOZAN』は、
より開かれたレストランとしての新しい価値を追求すべく、
新たにイタリアン・リストランテとして生まれ変わります。    HPより


DSCF6030w3.jpg
多くのファンに惜しまれつつ今年6月に閉店されたSHOZAN。
新たに料理長をお迎えしてリストランテとしてのスタートを切りました。
ご丁寧にお葉書をいただいていたのですが、開店日にはお伺いできず、
午後から仕事のこの日、思い立ってようやく行くことが叶いました。

DSCF6032s4.jpg
店内は以前のまま高級感があります。

DSCF6033s5.jpg
日本庭園を眺めながらのイタリアンは気分が良いものですね(^^)
贅沢な時間です。

DSCF6031s2.jpg
テーブルコーディネートは以前と同じように丁寧。
お皿の色遣いが明るくなったかしら。


【ランチメニュー】
DSCF6386-ss1.jpg
1900円〜とは、かなり低めの料金設定ですね〜。
SHOZANも時代の波にさらわれたのかなあと心配になりました。
以前のフレンチ時代は、ランチは2500円〜でしたものね。

DSCF6387ss2.jpg
ランチでは多分ここらへんのコースが一番出るんじゃないかなあと思います。

DSCF6388ss3.jpg
フレンチ時代を懐かしみたい方はこちらのコースかな。

DSCF6389ss4.jpg
前菜orサラダか選べます。
スタッフが説明するって書いてあるけど、
最初に案内&メニューを渡してくれたスタッフさんは説明もせず消えちゃいました(T_T)
それどころか各コースの違いなども説明なし。
開店したてなんだから、
こういうところ親切にしないと厳しいんじゃないかしら。
SHOZANほどのリストランテではあるまじき接客。
結婚式関係でも使われるのだから、もっと頑張ってもらいたいですね。

しかし!
私たちの来店に気づいて下さった副支配人さんが、
その後サーブについて下さったのでとても心地よくお食事できました(^^)
本当に何もかも丁寧に物腰柔らかく説明なさるので、
まるでそこにお料理が見えるような錯覚を起こし、
仕事があるというのについワインを頼んじゃおうかしらという気になる程でしたよ。
お料理をサーブするときにも、
一つ一つの素材やエピソードなどを上手に紹介して下さるのです。
決してお邪魔になるようなウンチクではなく食べるのが楽しくなるようなお話。。。
彼の優しい笑顔やちょっとした心配りを見ていると、
接客とはかくあるべきなのだろうなあと感ずるところがありました。

DSCF6390ss5.jpg
この中からそれぞれ選びます。

DSCF6392ss7.jpg
ピッツァの釜が未完成なので、9月15日までのお楽しみ。



PRANZO A 2500円(自家製パスタ+300円)*税込み10%サ別

1,本日の前菜orサラダ
DSCF6034s6.jpg
前菜の盛り合わせにしました。
この前菜たちとっても美味しい!

DSCF6037s8.jpg
パンプキンスープ
アマレットとオリーブオイルの風味が優しく香ります。

DSCF6040s11.jpg
自家製ハムのサラダ

DSCF6036s7.jpg
原椎茸のマリネ
立派な椎茸ですね。
歯ごたえも良いし、
何と言ってもガーリック風味に負けない主張のある杉のような香りが素敵。
椎茸に素敵って言ったの初めてかも(^_^;)

DSCF6038s9.jpg
カプレーゼ
水牛のモッツアレラ使用。

DSCF6039s10.jpg
ゴルゴンゾーラのムース トリュフハチミツ添え
これ!すっごく美味しいです!!
青カビが目立たないタイプのゴルゴンゾーラをホイップのように仕立てて、
ハチミツをかけているのですが・・・、
この組み合わせが狂ったように好きなのですよ、私。
もうワインなしでは拷問ですよー(笑)


2,パン 
DSCF6043s13.jpg
温めてサーブして下さるので好みです。
カリッとふわふわ。
オリーブオイルがパンの上で少し温まって香りがふんわりと舞い上がる。


3,パスタ
DSCF6044s15.jpg
志津川産真ダコと庄屋大長茄子のトマト煮込みソース
イカスミを練り込んだタリアッテッレ (自家製パスタなので+300円)

DSCF6047s16.jpg
大きくて柔らかいタコがたくさん!
茄子もオイルでとろとろでかなり良い。
が、このトマトソースがあまり好みではありませんでした。
十分美味しいと思うのですが、
まるで「エビチリ」のようなお味なのですよ。
魚介の旨味にトマトにチリにガーリックが主体なので、
どうしてもそういうお味に感じてしまいました。
中華風にしか思えなくて、
イタリアンとして美味しいとは思えませんでした。
多分私がイタリアンを食べ慣れていないせいもあるのだと思います。
正統派のトマトソースとはちょっと違うので、
美味しいけど上品さや洗練とはかけ離れているところが残念。
かなり濃厚なこともあり、
残ったソースを完食するのが難しかった。

DSCF6051s17.jpg
実はイカスミは初体験!
主人曰く、磯の香りがきき過ぎてあまり良くないと。
私は初めて食べるので何とも評価できないのですが、
タコのお出汁にこのイカスミの磯臭さが合わないことはないと思いましたが、
確かに後味に残るイカスミの風味が強いかなと感じました。
どんなワインを合わせてよいのやら、
ちょっぴり困ってしまうパスタかもしれません。

4,本日のデザート
DSCF6065s18.jpg
ドルチェ3種盛り
シャ−ベット・パンナコッタ・ティラミス
どれも文句なく美味しいです。


5,カフェ(エスプレッソorカプチーノ)
DSCF6066s19.jpg
カプチーノにしました。
これも美味しくいただきました♪


DSCF6029s1.jpg
気になった点は接客にかなりの個人差があること。
それから、自慢の一つの自家製パスタの選択が1種類に限れており、
さらにそのパスタの味付けがイマイチだったこと。
SHOZANさんクラスになると期待度もかなり大きいと思うので、
驚きや感動がどこかにないと、
値段がリーズナブルになっただけではリピーターさんは付かないと思うのです。
より多くの人に開かれたリストランテを掲げているようですが、
SHOZANはSHOZANらしく自分を安売りせずに特別な存在であり続けて欲しい。
「高くてもその価値がある、行けばかならず美味しいものが食べられる保障がある」
そんなレストランでいて欲しいなあと一ファンながらに思います。
これからの成長に期待しております


前回記事はこちら→勝山館"French Cuisine& Wine Cellar" SHOZAN


「Ristorante PADRINO del SHOZAN」
住所:仙台市青葉区上杉2-1-50 勝山館1階
TEL:022-222-7834
営業時間:11:30〜15:00(L.O14:00) 17:30〜22:30(L.O20:30)
HP→http://www.shozankan.com/padrino-del-shozan/
*今後はドルチェにも力を入れるそうで、
ランチとディナーの間のCLOSEを入れずにカフェタイムも営業するようです♪

[PR]

by exia00 | 2009-08-24 23:33 | イタリアン


<< 韓国旅行2009年7月 ⑨ カ...      韓国旅行2009年7月 ⑧ 食... >>