ランチのちワイン、時々トラベル。

g00exia.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 28日

遠刈田温泉 旬菜湯宿「大忠」〜日帰り〜

遠刈田温泉は、
蔵王連峰の東麓に位置する、
400年以上の歴史を持つ温泉です。
旬菜湯宿「大忠」は、
遠刈田温泉街の中心にあり、周りを商店街に囲まれおります。
客室10室のみの小さなお宿で、
源泉掛け流しの温泉と蔵王山麓の旬菜を使ったお料理を自慢としています。

DSCF6608.jpg
11月に夫婦それぞれの両親を招く宿を探していたのですが、
秋保・作並は大型温泉宿ばかりでつまらないし、
松島は「温泉」自体が出てない宿が多いし(確か最近になってどこか出ましたね。)、
鳴子は良いお湯が多いのですが遠すぎて翌日のイベントに差し支えがある・・・。
う〜ん、困ったね、
ってことで遠刈田温泉の「大忠」に偵察に参りました。
以前、大忠の「別館・山風木(やまぶき)」に泊まったことがあるのですが、
オーベルジュ風のおもてなしと美味しい料理に好感が持てました。
ただ、ソフト面で「んー残念」と思うようなことが何回かあったため、
本館である「大忠」なら料理の美味しさを保ちつつ、
スタッフの対応が良いのではないだろうかと思ったわけです。
総評は、最後に・・・。





DSCF6605.jpg
「別世界への入り口」。
打ち水がされてある幻想的な玄関。
この石廊を進んでいくと、
雑多な商店街が並ぶ世俗と離別していくような心地よさがあります。

DSCF6603.jpg
ロビー&フロントデスク(隣のカウンターはBar)
こちらで受付をします。

今回は、「土日祝日限定の昼食付き入浴プラン」から、
■旬菜の膳 ミニ会席コース 3.800円 (3.990)を利用しました。
前菜6種・サラダ・煮物・焼物・名物「包み揚げ」・ごはん・香の物・デザート
大風呂入浴とダイニングでの休憩ができます。
*11:00〜14:30までの利用。
*小タオルがつきますが、バスタオルはお持ちいただくか有料レンタルになります。
*食事はダイニングに12時に運ばれます。
*客室の利用はできません。
*2名様以上にて当日10時までご予約承ります。
*9才以下のお子様はご利用いただけません。
+1050円で貸し切り風呂50分利用できます。

DSCF6543.jpg
Bar Eau de Vie (15:30〜22:00)
Happy Hour Service15:30〜17:50 ( L.O 17:40 ) ALL 30% OFF!
生ビールやフルーツビール、カクテル、ウイスキーがメニューに載っていました。
お食事処では日本酒やワインが飲めるのですが、バーでは飲めないのかな?

DSCF6601.jpg
女性のお客様向け「30種類の浴衣をご用意」*宿泊者のみ
温泉でもお洒落心を忘れない女性の心を掴みます。
浴衣の着付け方のプリントが一緒に置かれているので、
恥をかくこともないでしょう。
浴衣サービスは、山風木にはなかったサービスです。

DSCF6553.jpg
フロントデスク左側。
2階と3階の客室に続く階段。
奥には、ダイニングとお土産処があります。

DSCF6548.jpg
ダイニング「OLIOLI 」
「日帰り昼食プラン」の場合、11時から14時30分ま利用できます。
日帰り温泉だけの場合は、利用できません。

DSCF6549.jpg
日帰りプラン利用者のために、温かいお茶と冷水が用意されてありました。
嬉しい心配りです。

DSCF6545.jpg
お土産処
アンティークやインドネシア工芸などが売っています。


DSCF6552.jpg
お次は、フロント右側方向の様子。
奥をずずーいと進んで行くとお風呂エリアになります。

DSCF6538.jpg
「御案内しましょう。」
廊下は全て畳敷き。
裸足でぺたぺた歩くのが何とも気持ちよい。
山風木の館内もこのようなしつらえになっていて良く似ています。

DSCF6539.jpg
男湯近くのプチ休憩所。
小さなお庭から差し込む自然光が良い。

DSCF6537.jpg
女性誌も用意されています。
新聞や他の雑誌はロビーにありました。


〜男湯〜
DSCF6536.jpg
奥に男湯の入り口が見えます。
右手に自販機がありますのでお茶・ビールなどが購入できます。

DSCF6563.jpg
檜風呂「檜をふんだんに使った木の香り豊かな大風呂」


〜女湯〜
DSCF6521.jpg
庭園大風呂「庭園に面した昔ながらの旅館のお風呂」

DSCF6523.jpg
露天風呂「庭園大風呂の隣の小さな露天風呂」

DSCF6526.jpg
洗い場・・・宿泊客向けには、女性限定サービスあり。
常時6種類のシャンプー&コンディショナーが用意されています。
山風木でも同様のサービスあり。

DSCF6518.jpg
脱衣所・・・足つぼマッサージ器などありました。

DSCF6519.jpg
洗面所・・・アメニティが揃っています。
宿泊客向けの女性限定サービスでマニキュアが置かれているらしいです。


DSCF6529.jpg
「これより先は宿泊者専用の貸し切り風呂になっております。
日帰り利用のお客様については、
お一人様1050円でご利用になれますが、いかがいたしましょうか。」
うむ、入らせていただきましょう。
*二つある貸し切り風呂のうち一つを選びます。
 使用時間は50分とありましたが厳密に管理されているようではありません。
 特にこの日はお客様が私たちを含めて3組だけで、
 他のお客様は貸し切りをご利用にならないということだったので、
 時間をあまり気にせずに10分くらいはオーバーして利用しちゃいました(汗)



貸し切り風呂その①「紺碧の湯」 *見学のみ
DSCF6502.jpg
「青い信楽焼きの陶器を使ったお風呂です。」〜HPより〜

DSCF6515.jpg
陶器風呂も可愛らしいですね。
入り心地がよさそうです。


貸し切り風呂その②「風みどりの湯」 *こちらを利用させていただきました。
DSCF6506.jpg
「大きな窓から吹き抜ける蔵王の風と緑がさわやかな開放感いっぱいの岩風呂です。」
                                             〜HPより〜

DSCF6504.jpg
「紺碧の湯」よりも広々しているので、
こちらの貸し切り風呂のほうが人気のようです。
マッサージチェアもあります。
私は背が小さいせいか、
良い位置にゴリゴリが来なくて軽いフラストレーション発生。
そのかわりに、主人が思いっきり揉まれてご満悦でした。
山風木ですと、
貸し切り風呂の前に2台用意されているので2人で仲良く使用できるのが良かったです。

DSCF6507.jpg
クレンジングや化粧水やドライヤーなど全て揃っています。
女性の目をかなり意識していますね。
これも山風木と共通。

DSCF6509.jpg
洗い場

DSCF6508.jpg
8月下旬だというのに、
高原らしい涼やかな風が吹き込んでまいります。
なんて清々しいのでしょう。
立ちこめる靄と爽やかな風を感じながら入る温泉は最高です。

DSCF6512.jpg
泉質:ナトリウム・カルシウム・硫酸塩・塩化物泉 泉温65.7℃ ph値7.0 
低張性弱アルカリ性高温泉

高温の源泉掛け流しらしくチョロチョロと流れ出ています。
加水はしていないとのこと。
お湯は緑がかった茶褐色。
濃ーい温泉に入っている感覚が味わえました。
さらさらふんわりの優しい肌当たりで、
お湯の玉がコロコロと肌の上を転がって落ちていきます。
湯船のお湯は随分と熱いのですが、
少しずつ身体を慣らすと入れるくらいです。
3分程入っては外で休みを繰り返していたので、
湯あたりはしませんでした。
それどころか、すっきりと身体が軽く爽快な気分に!
源泉掛け流しの温泉ってあまり入る機会がなかったのですが、
これは、野菜に例えると「生かフリーズドライか」くらいの差がありますね。
ピチピチした源泉に触れると元気になれる実感が本当にあります。


DSCF6556.jpg
ちょっと見づらいのですが、大忠の見取り図になります。
スタッフの方に頼んで、
特別にお部屋見学もさせていただきました。
お部屋自体は、狭くて暗いかな〜という印象。
HPの画像がとんでもなく素敵に見えたのでちょっとがっかり。
もともとの小さな客室同士をくっつけたりしてリノベーションしてあるので、
部屋のレイアウトに不自然な部分もありました。
でもね、和モダンを取り入れたインテリアコーディネートは、
大型旅館の画一されたものよりは個人的に好みでした。
部屋数を減らしても、
お客様がゆったりと心地よく過ごしてもらえるように、
お洒落で居心地が良い客室を作ろうという気持ちが伝わってきました。
大忠は商店街の中にあるので蔵王の景色は望めないのですが、
欠点がある分だけ他のものでお客様を満足させようという気概が感じられます。
それが、お部屋であり、食事であり、お湯なんだろうな。
オススメは3階の「石楠花」。
ここは大忠で唯一蔵王が見える部屋らしいので、
いつも予約でいっぱいのようです♪


〜昼食:旬菜の膳 ミニ会席〜
DSCF6566.jpg
ダイニングでいただきます。

DSCF6574.jpg
前菜6種・サラダ・煮物・焼物・名物「包み揚げ」・ごはん・香の物・デザート

DSCF6569.jpg
前菜6種・・・ん?5種ですね(笑)
牛乳寒天はデザートのような味です。

DSCF6577.jpg
サラダ

DSCF6579.jpg
煮物「海老しんじょ」
ちょっと冷めてるかな。
でも、ふわふわで美味しかったです。

DSCF6576.jpg
焼き物「帆立と野菜バター醤油焼き」
これ、焼ける前に途中で火が消えちゃうの。
帆立や海老に火が何とか通るくらいなんですが、
野菜達が半生くらいで鎮火しちゃうのよ(涙)
スタッフの方は料理を出した後に消えちゃうので、
もう一個燃料が欲しい旨を伝えられず。
野菜は生で食べました(^^)
味付けのオイスターソース入り?醤油が薄すぎて、
ちょっと物足らない味かな。


DSCF6584.jpg
名物「キノコと竹の子の包み揚げ」
蔵王山麓で採れるキノコと竹の子、
隣り町大河原町の超有名銘柄豚「もち豚」を
企業秘密の秘伝スパイスで調理。
そのジューシーな具を
有機飼料で飼育された白鳥ファームの玉子と
一緒に皮で包みカラッと揚げました。
特製のソースに浸して中の半熟卵が流れないように、
豪快に手掴みで下から食べるのが最高です。 〜HPより〜

DSCF6587.jpg
中には半熟卵とキノコや挽肉がたくさん!
これが一番美味しかった!
さすが名物料理です。

DSCF6583.jpg
ごはん「鯛めし」
私が知っている鯛めしにはほど遠いのですが、
薬味とだし汁をかけて「鯛めし茶漬け」にすると、
まあまあ美味しくいただけます。

DSCF6578.jpg
香の物

DSCF6582.jpg
お味噌汁

DSCF6595.jpg
デザート「牛乳寒天の無花果添え」
普通においしいんだけど、前菜とかぶってるのが残念〜。

昼食だけでは、大忠の実力を計りかねますね。
作り置きっぽいものが多いので、
本格的に作ったってものが少ないのですよ。
見た目は豪華に見えますが、
このミニ会席コースは星5つ評価で★★★くらい。
つまり普通。
名物の包み揚げは、★★★★で満足でしたので、
きっと本気で作ったお料理は美味しいのだと思います。
昼のお客さんまでは手が回らないのかな。
期待していた分だけちょっと残念だったな(T_T)


〜総評〜
記念日に招くなら「山風木」。
気軽にのんびりするなら「大忠」。

大忠は、お湯の良さは圧倒的なのですが、
お料理の点でやはり不安が残りますし、
お部屋に関しても気に入った部屋が1つだけだったり(3部屋必要なのです)、
喫煙可能なお部屋だったりと難点が出てきてしまいました。
接客面についても山風木を大きくリードできる要素がありませんでした。
一泊一名の料金は5000円くらいしか変わらないのですが、
山風木の方がお料理のランクや宿全体の開放感の点で勝っているようでした。
もともと、ワンランク上のお持てなしを目的に山風木はオープンした訳ですから、
当然と言えば当然なのですが・・・。
実際に体験しなければ分からないこともあると思い今回はお伺いしました。
残念なこともありましたが、
遠刈田温泉の源泉を肌で感じることができ、
新たな発見に嬉しく思っています♪

お近くの「だいこんの花」も泊まってみたい憧れのお宿です(^^)
今回は、親たちの宿代や記念写真代なども支払うので、
金額的にとても高嶺の花状態で招待するのは無理なのですが
夫婦だけでなら実現可能かな〜なんて考えてしまう悪い子ちゃんであります(>_<)


「旬菜湯宿 大忠」
住所:宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉旭町1
電話:0224-34-2306
FAX:0224-34-2307
HP→http://www.daicyu.com/
大忠HPには、山風木HPもリンクしてあります♪
[PR]

by exia00 | 2009-09-28 18:33 | 遠刈田日帰り2009-8


<< BOUCHON(ブウション)で...      仙台オクトーバーフェスト200... >>