<   2009年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2009年 09月 28日

遠刈田温泉 旬菜湯宿「大忠」〜日帰り〜

遠刈田温泉は、
蔵王連峰の東麓に位置する、
400年以上の歴史を持つ温泉です。
旬菜湯宿「大忠」は、
遠刈田温泉街の中心にあり、周りを商店街に囲まれおります。
客室10室のみの小さなお宿で、
源泉掛け流しの温泉と蔵王山麓の旬菜を使ったお料理を自慢としています。

DSCF6608.jpg
11月に夫婦それぞれの両親を招く宿を探していたのですが、
秋保・作並は大型温泉宿ばかりでつまらないし、
松島は「温泉」自体が出てない宿が多いし(確か最近になってどこか出ましたね。)、
鳴子は良いお湯が多いのですが遠すぎて翌日のイベントに差し支えがある・・・。
う〜ん、困ったね、
ってことで遠刈田温泉の「大忠」に偵察に参りました。
以前、大忠の「別館・山風木(やまぶき)」に泊まったことがあるのですが、
オーベルジュ風のおもてなしと美味しい料理に好感が持てました。
ただ、ソフト面で「んー残念」と思うようなことが何回かあったため、
本館である「大忠」なら料理の美味しさを保ちつつ、
スタッフの対応が良いのではないだろうかと思ったわけです。
総評は、最後に・・・。

More 源泉掛け流しのお湯はフレッシュで効く~。
[PR]

by exia00 | 2009-09-28 18:33 | 遠刈田日帰り2009-8
2009年 09月 25日

仙台オクトーバーフェスト2009 番外編

〜伊達政宗麦酒と自家製ソーセージの今宵〜

まだ、オクトーバーフェスト開催中の仙台。
仙台を盛り上げてくれている麦酒に敬意を表しましょう!
お家でもワインをお休みにしてビールで乾杯です。
IMG_0645.jpg
今宵のお相手はコチラ。
「奥州仙台 伊達政宗麦酒(350ml)3本セット 」 1300円くらい
「長沼の地ビール」として宮城県・登米市迫で開発されたドイツタイプのビールです。
仙台オクトーバーフェスタの会場内でも飲めますし、
仙台の百貨店や酒屋、YAHOOでネット販売もされているようです。
以前にもこれらのビールをチラッと紹介しましたが、
観光目的の色物かなと思ったのですよ、最初は。
でもね、飲んでみたら本格的なドイツビールです!旨い!
特に、政宗のヴァイツェンはオススメな一本。
フルティーさがあるので、ビールが苦手な方も美味しく召し上がれると思います。
バラ売りもしていますのでお試しあれです♪
お土産にもぴったりの逸品だと思われます。

●「奥州仙台伊達政宗麦酒 」
 ヴァイツェン(小麦麦芽60%使用)タイプ。
 クリーミーで甘い味わいが特徴。トロっとしている。
 パンの焼き上がりの時に立ち上がるような酵母独特の香りがする。
 私の一番のお気に入り。

●「奥州仙台支倉常長麦酒」。
 ピルスナー(大麦麦芽100%使用)タイプ。
 麦芽100%ならではのコクとキレが特徴。 
 ラガービールなので、すっきりとしている。
 日本のビールはこのタイプが多い。 
   
●「奥州仙台片倉小十郎麦酒 」
 ケルシュスタイルビールの白石地区限定ラベル。
 芳醇な香りと柔らかい苦味が特徴。
 ヴァイツェン同様エールビールの一種。

*ご存じだと思いますが、ドイツビールは大きく分けて2種類。
上面発酵ビール(エールビール)・・・酵母をそのまま残すので半透明でとろみがある。
下面発酵ビール(ラガービール)・・・酵母を残さないので透明感がありすっきりしている。
私は、酵母ちゃんのとろみや甘味が大歓迎なので、
エールビールがお気に入りなのです。
ちなみに、政宗(ヴァイツェン)と小十郎(ケルシュ)がエールビールです。


そして、麦酒を合わせるのは・・・
IMG_0641.jpg
自家製ソーセージ
付け合わせは、ザワークラフト&ピクルスです。
作り方は簡単。
羊腸を使わないタイプなのでサランラップとアルミホイルさえあればできます。
市販の「粗挽きソーセージ」のごろっとした感じが苦手で食べられないのですが、
このレシピで作るソーセージは滑らかな舌触りで大歓迎です。
少し多めに作って、
ポトフ、パスタ、ピザ、グラタン、などなど・・・
翌日以降にもアレンジして登場させることができる便利な子です。
一本ずつラップにくるんでジップロックへしまい冷凍すれば、
風味はちょっと落ちますが1週間くらいは平気で保存できると思います。
我が家では、一度に下記の倍量を作りますよ♪


自家製ソーセージレシピ「2人前(約8本分)」
◇材料◇
豚挽肉・・・300g(脂身が多いもの。赤身ばっかりだとパサつく。)
玉ねぎ・・・1/4(みじん切り)
お気に入りの海塩・・・小さじ1(塩が味の決め手になりますので食塩以外で。)
ニンニク・・・ひとかけ(すりおろす)
牛乳・・・大さじ2
(あればレモン・・絞り汁少々)
*黒胡椒、白胡椒、タイム、ナツメグ、バジル、オレガノ、パセリ、フェンネルなど、
お家にあるハーブ&スパイス類をお気に召すように入れる。

◇作り方◇
1.ボウルに豚挽肉以下全ての材料を入れてこねる。
(ボウルは冷凍庫、手は氷水で冷やす。肉が温まるとパサついた出来上がりになってしまいます。)
2粘りがでて白っぽくなるまでこね、ラップに包んで冷蔵庫で1時間程度寝かせる。
3好みの分量ずつ長細く成型し、一本ずつラップでキャンディー状に両端を絞って包む。
 その上からアルミホイルで同じように包む。
4フライパンで3を蒸す。
 水を1センチくらい張って、蓋をして15分程度(弱火〜中火)。
5アルミホイルとラップを剥がして完成。熱いので剥がすときに注意!
6お好みでフライパンでグリルしてから召し上がってください。
*「手作りソーセージ」のレシピは、
検索するとちゃんとした本格レシピが出てくると思いますので、
私のヘボレシピより参考になるかと思われます(^^)/


ガーリックやスパイス類を多く入れるとビールに、
ハーブ類を多く入れるとワインに合わせやすいように思います。
ガーリックを入れすぎるとワインの風味とぶつかり合ってしまうので
注意が必要かもしれません。
フレッシュハーブを使うと本当に良い匂いで堪りませんよ〜(>_<)


出来上がり
IMG_0636.jpg
この日は黒豚100%でしたので甘くてジューシー。
がっつりとハーブ&スパイスを入れましたので
香ばしさと共にハーブ類の清々しい香りが鼻から抜けますし、
スパイスは肉の旨味を引き立てておりました。
ドライトマトやニンニクの粗みじん切りを入れたものを、
バリエーションとして作っても良いと思います。
ビールやお野菜と共にたくさんいただきましょう

お家でもProsit!!
[PR]

by exia00 | 2009-09-25 19:20 | ビール
2009年 09月 22日

仙台 オクトーバーフェスト 2009 ②

何度でもProsit!!
オクトーバーフェスト大変盛り上がっております。
特に夜はすごかった!!
酔っぱらい共の雄叫びが響き渡っておりましたよー!

DSCF6967.jpg
おじ様達も肩を組んで踊り出すビールの魔力。
究極の「陽性」の飲み物であることをわたくし思い知りました。
ワインや日本酒とは違う酔い方をするのですね。
炭酸が立ち上るがごとく人の気持ちを盛り上げる、
このビールという飲み物に万歳三唱です!

この日の一杯目は、
先日飲んでお気に入りになった富士桜麦酒で購入。
DSCF6932.jpg
富士桜高原麦酒 ヴァイツェン 1000円(*グラスデポジット1000円 他店同様)
オクトーバーフェストヴァイツェンを飲んで、
スタンダードなヴァイツェンのほうも味わいたくて購入。
カラメルが添加されていないので、
よりクリーミーさとフルーティーさが際だっているビールです。
旨いですね。

DSCF6943.jpg
パウラーナー ヴァイスビアデュンケル 1000円
ロースト香やポップの香りがやや強い。
とろみがある喉ごしと、
甘味の中にある焙煎による酸味とほろ苦さが特徴。
ヴァイツェンのほうがより飲みやすいけど、
こちらは炭焼きのお肉ととてもよく合いそうでした。

DSCF6936.jpg
オクトーバーフェストオリジナルソーセージの店「ジャーマンプレート」2000円
各種ドイツソーセージ、骨なしアイスバイン、ジャーマンポテト、ザワークラウト。
ドイツ料理の定番の逸品が一つのプレートに集結。
ここのソーセージ旨いです。
じゅーじゅーにパリッと焼いてくれているので、
前回残念だった3000円のプレート出していたIハムより断然美味しいの。
トロットロのアイスバインも最高にビールに合います(>_<)

DSCF6949.jpg
HEINZのマスタード
ちゃんとこだわっています。

DSCF6963.jpg
飲んでいるウチに、
どんどんと会場はヒートアップして参ります。
歌ったり踊ったり抱き合ったりね、まさにお祭り!
こういう場ですぐに参加できる方は、
見ていると日本人じゃない方が多い。
まず最初に金髪のガタイのいいオニイチャンが目立って盛り上がり始めて、
ちょっと酔ってきた日本人の一部がようやく参加し始めて、
そんな勇気ある日本人を見て「行っちゃおうよ!」とまた次の日本人が参加するようです。
会場が異常な盛り上がりを見せていても、
日本人はシャイですので座っている方も随分いたかな。
でもね、表情を拝見させていただいていると、
立ってワーワーしてなくても、
日本人らしく慎ましく楽しんでおられるのですよね。
「楽しみ」を全身で表現する文化もあり、部分で表現する文化もあり。
かくゆう私も、
すぐにうち解けて騒いだりできるほうではないので、
皆様の乱れる様を興味深く観察させていただいた根暗な人間の一人だといえましょう(笑)


DSCF6970.jpg
富士桜高原麦酒 ラオホ 1000円
モルトを薫煙しているのでスモークの香りのする日本では珍しいビール。
燻製香がすごい!クセになるビールです。
すっきりした喉ごしに、鰹節のようなダシが利いた味わい。
ベーコンや鴨なんかにあいそうです。

DSCF6974.jpg
平田牧場直送の店まる家 平牧三元豚スペアリブ 650円
安いのにうまーい!!
甘辛いタレに漬け込まれたお肉をモクモクの炭火で焼いておりました。
ちょっと焦げがついた部分がビールの燻製香とすっごく合います!
見た目は悪いけど、
このお店のお肉は美味しくて調理もしっかりしているのでオススメです!
平牧のメンチカツなんかは人気商品で早くに売り切れちゃうこともあるらしいです。

DSCF6983.jpg
グルックル ソーセージ盛り合わせ 1000円(+200円ザワークラフト・マスタード大盛り)
ボイルしてから焼いており、
表面はパリッ、かじるとジュワッと肉汁が溢れてきます。
さすが、専門店ですね。
真ん中のガーリックソーセージが好き。


DSCF6959.jpg
サービス精神旺盛のヴァイスビア・ムシー楽団。
トランペットをあっちこっちで吹きまくってくれてました。


DSCF6986.jpg
デザート代わりにこちら。

DSCF6992.jpg
鳥の海ビール 発泡酒スパークリングフルーツ 桃ビール 1000円
苦くないフルーツビールです。
これが、意外なほど美味しいの
爽やかな白桃の風味主体なのですが、
薔薇と金木犀のフレーバーも微かに感じ取れる贅沢な味になっています。
金木犀が咲き始めた初秋に相応しいビールだと思いました。

DSCF6985.jpg
オクトーバーフェストオリジナルソーセージの店「スイーツ盛り合わせ」 600円
甘いものが食べたくなり夫に買ってきてもらったもの。
味は普通ですが、
これを持って会場内を歩いていますと、
女性陣から羨望の眼差しを一身に浴びること間違いなしだということです。
「わあ〜、あれ見て〜美味しそう」という若い女性たちの声を、
欲しいままにできることをお約束いたします(笑)
「気持ちよかったー」という席に戻って来たときの顔が忘れられない・・・。

DSCF6965.jpg
会場に来る前に買ったミスド♪
ドーナッツってたまに食べたくなります。


DSCF6953.jpg
踊る踊るおばさまと金髪外人青年。
もう、最後まで皆様はじけており、
我々も存分に楽しませていただきました。

DSCF6996.jpg
「またのお越しを!」

*仙台オクトーバーフェスト2009は、〜9月27日(日)まで開催しております☆
[PR]

by exia00 | 2009-09-22 20:08 | ビール
2009年 09月 19日

仙台 オクトーバーフェスト 2009 ①

Prosit!!
DSCF6866.jpg
仙台オクトーバーフェスト2009 錦町公園で開催中!
9月18日(金)〜9月27日(日)12:00〜21:00(木・金は16:00〜)

オクトーバーフェストは、
ドイツ、バイエルン州の州都ミュンヘンで9月半ばから10月上旬に開催される
世界最大のビールのお祭り♪
世界各地でも、
ドイツ移民の多い土地では、
本家ミュンヘンを真似たオクトーバーフェストが催されているようですが、
日本でも、東京、横浜、仙台などで開催されているようです。
特に、横浜赤レンガ倉庫で開かれる横浜オクトーバーフェストは、
ミュンヘンとほぼ同時期に行われ数十万人が訪れている大盛況のお祭りだとか。

DSCF6867.jpg
入り口付近の「総合案内所」
会場の案内チラシ(ステージプログラムや出店情報)をいただきます。
なんとクーポン券もついてきました♪

DSCF6868.jpg
コインロッカーもあるので、
会社帰りや買い物帰りの方も、
荷物を預けて思いっきり飲めます。
酔っぱらって見知らぬ者同士で踊ったりするのが醍醐味ですから、
これなら心おきなく乱れることが可能!
素晴らしい配慮に感心です。

DSCF6870.jpg
巨大テント席もありますので、
雨天時でも楽しめます。

DSCF6882.jpg
屋外のお席。


DSCF6878.jpg
薄曇りの日でしたが、
最初は屋外のお席でお肉プレートと共に乾杯。

DSCF6873.jpg
富士桜高原麦酒オクトーバーヴァイツェン 1000円
これ、旨い!
フェストに合わせ限定醸造したもので、もちろん会場限定。
最近エールビール(上面発酵で、酵母が浮いている半透明のビール)が好きなのですが、
とろみがあってフルーティーなのはヴァイツェンの特徴そのままに、
カラメルで優しいコクが出ているのですね〜。
ビール嫌いな人でも、これは美味しくいただけるはずです。

DSCF6874.jpg
エルディンガーヴァイスビア 1300円
こちらもトロッとふくよかな味わいですが、
富士桜よりヴァイツェンのスタンダードをあらわしていると思われます。
ストレートなフルーティーさと酸味があるビール。


DSCF6879.jpg
岩出山家庭ハム「ジャンボンセット」 3000円
これね、美味しいんだけど焼きが甘いのよー!
せっかく炭火で焼いてますってのをウリにしてるのに、
なんでソーセージやスペアリブが生暖かい程度なのよー!
事前に焼かれているのは良いとして、
お客さんに出す前にもうちょっと温めてくれなきゃ〜台無しだわあ。
炭火焼きだからってことで買ったのに、
なるほどお客さんがまばらだった訳が分かりました。
確かに炭火焼き特有の煙も少なかった。
せっかく素材が美味しいのだから、
もうちょっと努力が必要かと思われます。
たまたまかなあ。残念。

DSCF6887.jpg
平田牧場直送の店 まる家 「三元豚のロース炭火焼き」 1200円
大行列だったこちらは、
煙モクモクの火力ボーボーの中、
じゅーじゅーと肉を焼きまくってましたね。
流石に炭火の香りがしっかりついた、
脂部分までカリッとジューシーに仕上がっていて旨い。
脂が甘いのでヴァイツェンにぴったり。
すっごい肉汁なのですが、
この肉汁にポテトを浸して食べると最高。
肉自体はあまりしょっぱくないのが嬉しい。


DSCF6916.jpg
ヴァイスビア・ムシー楽団の演奏。
ドイツ民族音楽で陽気な気分にしてくれます。

Ein Prosit, Ein Prosit, Der Gemutlichkeit
(乾杯! さあ乾杯! この楽しいひとときに)

Ein Prosit, Ein Prosit, Der Gemutlichkeit
(乾杯! さあ乾杯! この楽しいひとときに)

Eins! Zwei! Drei! Gsuf-fa!    Prost!
(1! 2! 3! 飲み干せ!)  (乾杯!)


この「乾杯の歌」が何度も流れてみんなで歌います。
その度に乾杯&ゴクゴクとやるんですから、
すっかり全身にビールが行き渡っちゃいますね〜。



DSCF6911.jpg
テントの中に入ってゴクゴク。

DSCF6903.jpg
ケストリッツァーシュヴァルツビア 900円
文豪ゲーテが愛した黒ビール。
コーヒーやカカオのロースト香が豊かだけど、
なんとも軽やかな味わい。
モダンなビールだという説明がありましたが、
なるほどと納得。


DSCF6913.jpg
オクトーバーフェストオリジナルソーセージの店
「あらびきチューリンガーソーセージ(ブレッツェルロール付)」 600円
自分でパンを割ってソーセージをセット。
ぷりぷりノソーセージとモチモチのブレッツェルロールをかぶりつきましょう!
パンは焼かれていないけど、これが意外に旨い。
甘くて香ばしいパンにソーセージの肉汁がしみ込んでいきます。
香ばしさが黒ビールとまさに恋人関係です。

DSCF6924.jpg
酔っぱらい、上等!!


DSCF6895.jpg
テントを挟んで西・東にそれぞれお店が並んでおります。
これは、東側。

DSCF6871.jpg
こっちは西側。
返却口と書かれているところにグラスを戻します。
最初にデポジットでビール代金+グラスのデポジット1000円を支払うのですが、
グラスを返却すればデポジットの1000円も返ってきます。
ちなみに、グラスが欲しい方はお持ち帰りもOKらしいです。
もちろんデポジットは返ってきませんが、
このグラスは非売品らしいのでファンなら自宅用にいいかもしれません。


ちょっと残念だったのは、
日本のビール会社ばっかりで本場のドイツビールのお店が大榮産業さんだけだったこと。
シュパーテンやホフブロイハウスも飲んでみたいのに(T_T)
でも、ビールは新鮮さが命なので贅沢は言えませんね。
日本のビールも負けていないことが分かったので収穫は大きかったです。
それから、やっぱり食べ物の価格が高〜い
お祭り価格なのでしょうがないけど、
もうちょっと丁寧に調理してくださると満足度は変わってくると思いました。 
とはいえ、明るいうちから大勢の仙台市民が、
ビールと肉に夢中になっているのは楽しいものでした。
ドイツ人は良いお祭りを世界に広めた素晴らしい国民ですね(^^)
フルーツビールや富士桜高原ビールの他の種類も気になっているので、
もう一日くらい参加してみようと思います。



「仙台 オクトーバーフェスト 2009」参加店
●ビール・その他のお酒
大榮産業
鳥の海ビール
富士桜高原麦酒
銀河高原ビール
遠野麦酒ZUMONA
いわて蔵ビール
大榮産業ワインコーナー
ワインハウスゲアハルト
ビーロート・ジャパン
一ノ蔵

●食べ物
オクトーバーフェストオリジナルソーセージの店
ホテルコムズ仙台ソーセージファクトリー グルックル
岩出山家庭ハム
平田牧場直送の店 まる家



仙台 オクトーバーフェスト 2009HP→http://maruta.be/oktoberfest_sendai
[PR]

by exia00 | 2009-09-19 23:56 | ビール
2009年 09月 16日

二期倶楽部 (東館)NIKI CLUB & SPA 「Garden Restraunt」

NIKI CLUB & SPA 「Garden Restraunt」    評価:★★★★★
2009.9来店(*注意!長文です。)

那須高原でランチ♪
結論から言いますと「素晴らしい!」の一言。
高原野菜と肉・魚の素材の生かされたお料理にうるる唸りました!

DSCF6669.jpg
いくつもの緑のトンネルをくぐり、

DSCF6674.jpg
茶臼岳の見える橋を渡り、

DSCF6741.jpg
東館「NIKI CLUB & SPA」に到着。
二期倶楽部の本館と東館に分かれております。
本館は木の温もりある落ち着いた和風デザイン。
東館はコンラン卿プロデュースによるモダンな北欧風デザイン。
緑豊かであることは共通ですが、それぞれに個性があります。

平日でしたので予約なしでも「Garden Restraunt」が利用できました。 
今回は厳密に言うと、
日帰り旅行で那須に行ったのではないのですよ。
通常なら、私はレストランは必ず予約をします。
実家帰省からの帰路の途中に、
いつもの如く急に思いついてランチでお寄りしたため、
連絡先が分からず直接お伺いすることになったのです。

その時の閃き(いや、気まぐれとも言う)で行動する私に、
随分と適応してきた夫。
快く行き先を変更して運転してくれました。
『このまま成田に行って台湾にでも寄ってから帰ろう〜、
って言われたら流石にビックリするけど、那須ぐらいなら想定内だよ。』・・・と。
日々の鍛錬の成果が発揮されているようです。


DSCF6735.jpg
東館ロビー

DSCF6736.jpg
この先のドアが「Garden Restraunt」の入り口。
土作りに5年も費やしたホテル直営の自家菜園「キッチンガーデン」を持つ、
那須高原の安全安心なオーガニック素材を使ったカジュアルな創作料理レストラン。

DSCF6680.jpg
テラス席もあります。
この日は良いお天気。
パラソルはあるものの地面からの照り返しが恐くて、
テラス席に一番近い室内最前線のお席にしていただきました。
ここならお日様の被害を最小限に抑えつつ景色も楽しむことができます。

DSCF6679.jpg
テーブルの雰囲気。
到着したのが2時くらいだったので、お客様はまばらでした。

DSCF6678.jpg
最初に頂いたのは赤ワイン・・・、
ではなく那須高原でとれた葡萄ジュース(600円くらい?)。
主人が飲めない日は私も飲みませんぞ。

ランチコースは、
スパ・キュイジーヌ(800kcal)6300円
パヴィリオン 5250円
メゾネット 7350円 
(各サービス料別)
アラカルトも期待できそうなものがたくさん。
二期倶楽部 特製チーズバーガー2500円に激しく惹かれました。
「うん、これは宿泊した時の昼ご飯だな」といつもの妄想が出現したり・・・。



メゾネット 7350円 (税込み 10%サ別)
●一品目
緑胡椒の香る 来島産紅葉鯛のマリネ サフランヴィネガーライスとイクラ
二期の滋養卵‘純’の半熟卵とクリュディテ 南高梅と紫蘇香るソース 石垣島の海塩
DSCF6684.jpg
甘味が引き立つように程よい軽さでマリネ(というより酢〆)されている鯛の薄造り。
ソースも甘味が感じられる南高梅を使用しており鯛の甘味を邪魔しません。
鯛の甘味と香りを生き生きとさせる調理に一品目から脱帽。
周りの生野菜は石垣島の海塩をつけていただきます。
卵も黄身が濃く旨い。

DSCF6689.jpg
鯛の舌にはサフランで炊かれた酢飯が。
洋風ちらし寿司とでも申しましょうか。
鯛と酢飯の甘味・酸味が見事に融合しておりました。
イクラの塩分も良い塩梅に。


●二品目
カップチーノ仕立ての那須高原で採れた紫イモのスープ
伊達鶏のスモークとハーブ風味のグリッシーニ添え
DSCF6696.jpg
濃厚な紫イモのポタージュ。
角切りのスモーク鶏がゴロゴロしており食感にアクセント。
スモークの香りとイモ風味が、まるで焼き芋のよう。
添えられたグリッシーニは、トマトとバジルが練り込まれ甘く香ばしい。
スモーク鶏やグリッシーニが、
単調になりがちなスープに違った姿を与えていたように感じました。
こういう工夫にまたも感動。


●パン
DSCF6692.jpg
フォカッチャとプティ・バゲット
香りが良く美味しい!
フォカッチャは、オリーブオイルにつけて食べます。

DSCF6693.jpg
バゲットには絶対にバター派な私たちは、
別に持ってきてもらいました。
小麦の豊潤な味には、
やはりバターの塩分とミルク風味が必要不可欠なのです。


ミネラルウォーター ボトル800円くらい?(10種類くらいの中からオーダーできます。)
DSCF6705.jpg
イタリア・トレンティーノの中硬水のお水を選びました。
軟水よりは、すこしミネラル感があるもののほうが、
強いお料理には合うような気がします。


●3品目
那須白河産紅マスの生ハム セージとアンチョビ薫る‘サンティンボッカ’
春菊の手打ちパスタと大森農園の原木椎茸と共に
DSCF6701.jpg
本来は、仔牛に生ハムを巻いたものをソテーして作る‘サンティンボッカ’
ローマの郷土料理で、口の中に飛び込んで来る(ほど美味しい)という意味。
紅マスは肉厚だけどジューシーすぎない程よい脂乗り。
バターやオイルでソテーするので丁度よいのでしょう。

DSCF6704.jpg
紅マスがこんなに旨いだなんて!!
ミントのような爽やかな香りをもつセージ、
バターの利いたコクのあるソース、
生ハムの塩分、
ケッパーの酸味、
これらの要素が絡み合って、
マスの臭み=旨味に変身するのです!
すうっと数本添えられたニラの香味も良い演出!旨い!

DSCF6702.jpg
紅マスに添えられた、
春菊の練り込まれた手打ちパスタも絶品です。
これだけ食べても美味しい。
ハーブと共通するような香味・苦味をもつ春菊の特徴が、
もちもちのこのパスタを噛む毎にはじけます。
マスと共にアンチョビの効いたソースを絡めて食べると衝撃的に旨い。


●4品目
那須高原和牛のエーギュイエット 森のキノコとプチ粒マスタードソース
  那須高原で採れた秋野菜と北あかりのピュレを添えて
新ゴボウ風味のプチ粒マスタードソース 那須高原の夏の彩り野菜と共に
DSCF6706.jpg
お野菜と牛肉との華やかな共演。
文句なく美味しい王道の逸品でした。

DSCF6712.jpg
グリルした肉をエーギュイエット(=細長くスライス)して、
夏〜秋野菜と一緒に頂きます。
野菜は、それぞれの野菜に合わせて生・蒸・揚で調理されております。
揚げられたブロッコリーやモロヘイヤの美味しさは格別!
時にお肉を超えると確信しました。
プチ粒マスタードの薫るソースに肉汁が溶け出てきており、
これが最高に旨い。
皿の上に盛りつけ終わって、
初めて完成されるお料理なのだと思います。

DSCF6713.jpg
もちろん、お肉だって負けていませんよ。
少し粗めの霜降りですが、
噛みしめる度に赤身の旨さもじゅわじゅわっと堪能できます。
絶妙な焼き具合で柔らかい。

DSCF6707.jpg
こんな可愛らしいウサちゃんも遊びに来てくれました。
心憎い演出にすっかりハートを射抜かれました。

*和牛の他に、以下が選べます。
幻のポーク‘梅山豚’ロースのピッカータ バジル風味のバルサミコソース
 那須高原で採れた秋野菜と北あかりのピュレを添えて



●本日のデザートアンサンブル
DSCF6718.jpg
無花果のタルト・オレンジのソルベ・フルーツ
どれも普通に美味しい。
サイズも小さめで苦しくならない。


●二期倶楽部オリジナルブレンドのコーヒー 又は 紅茶
DSCF6727.jpg
デザートの内容を聞いて「紅茶」にしました。
ダージリンとアッサムのブレンドと思われます。
水色は濃く、タンニンはしっかりとしており、香りは甘さと華やかさがありました。
二つの良いとこ取りのブレンドですね。

二期倶楽部ランチ、大満足でした
実際に頂いてみると、
イタリアンを基調にした創作料理レストランといえます。
那須高原の素材を活かして作る「美味しく・健康的」な品々は、
ここでしか味わうことができない唯一無二の創作イタリアンだと思います。
食べる度に幸せで元気になれるようなパワーが満ちている料理たちでした(^^)

エントランスから食事を終えて外に出るまで、
スタッフの対応が素晴らしかったことも付け加えておきましょう。
礼儀正しさは崩さずに、
言動一つ一つに優しさや思いやりがちゃんと籠もっているのです。
始めから「NO」とは絶対に言わない、
できるだけお客様の意向を大切にしよう、
そういう居心地の良さが心に響きました。

さてさて、
以前から二期倶楽部宿泊を目論んでいる私たちは、
本館および東館のお部屋見学をさせていただきました。
お忙しい中、対応してくださった二期倶楽部さんには感謝申し上げたいです。


↓見学の様子はMOREからどうぞ!

More 本館の和洋室にラブ~。
[PR]

by exia00 | 2009-09-16 17:19 | 那須日帰り2009-9
2009年 09月 13日

韓国旅行2009年7月⑮ 最終回 帰りの機内&韓流スターとの遭遇編

帰りの機内食は・・・
DSCF5495-1.jpg
なんでしょうね、コレ。
ビーフシチューに白米までは何とか許容できますが、
付け合わせにキムチと蕎麦はないでしょうよ〜(笑)
しかも、韓国の方は皆様、ビーフシチューにコチュジャンを入れておりましたわ。
なんでも、コチュジャン味にしたいのね。


税関を抜けて、
外に出ると・・・出待ちであろう女性達がワンサカ!!
DSCF5497-2.jpg
お目当てはこの方!
一見普通のオニイチャンですが、
顔の小ささといい身体のラインの綺麗さといい、
ただならぬオーラを放っておりました。

DSCF5507-3.jpg
韓流ドラマや映画を見たことがない私は、
彼が一体何者なのが皆目分かりませんでした。

DSCF5509-4.jpg
どなたかお分かりになる方いらっしゃいませんか?

DSCF5510-5.jpg
最後まで群がられていましたが、
終始笑顔でファンサービスを絶やさない素敵な方でした。


この回で7月の韓国旅行の記事はおしまいになります(^^)
拙い旅行記をご覧になってくださった皆様、
本当にありがとうございました(^^)/〜
[PR]

by exia00 | 2009-09-13 17:38 | 韓国旅行2009-7
2009年 09月 12日

韓国旅行2009年7月 ⑭ お土産編

お土産編です。
そろそろ7月ソウルの締め括り。

〜ロッテマート編〜
DSCF5426-10.jpg
ソウル駅直通のロッテマート。
百貨店の地下も良いけど、
やっぱり安くて品揃えがいいのはロッテマート。

DSCF5435-11.jpg
デカカートで売り場を物色。

DSCF5451-12.jpg
この高級菓子コーナーが好き
健康志向のシリアルバーやマーケット0の商品が並びます。

DSCF5453-13.jpg
この二重になっている茶器が可愛くて6客お買い上げ。
セットで、1000円ちょいくらいだったかしら。

DSCF5465-14.jpg
冷麺・マッコリ・キムチはマストな買い物。
特に冷麺は、日本で買うと盛岡冷麺風な代物ばかりなのですよね。
平壌式のものが恋しくなったら日本でもいただけるように購入。
ピビン冷麺は、レトルトのものでも激辛でビックリ!!
たっぷりのジャンに漬け込まれた帆立の塩辛は、
お酒のお供にこの上なくぴったりなのでかなりオススメの逸品です。


〜コスメ編〜
MISSHA
DSCF5022-1.jpg
「0」のつく日が全品20%セールの日ですが、
この日は通常の日なのに、サマーセールで20%OFFになっていました。

DSCF5029-3.jpg
プチグロスたん
可愛くってお気に入りの品。
日本人は「小さきものを愛でる文化」があると言われていますが、
韓国にも同様の心があるのでしょうかね。

DSCF5037-4.jpg
小さくても良い仕事してます。
荷物を極力減らしたい私にとって、
外出時のお直しには重宝するサイズです♪
ポッケにもスマートに入ります。

DSCF5026-2.jpg
フェイスパウダー
柔らかい色ですがチークとしてとっても良い感じに使えます。
ブラシが一体となっているので便利。

DSCF5038-5.jpg
「美思」の水分クリームは1000円くらいですがなかなか。
普段使っているコスメデコルテMLクリームに匹敵する使い心地。
MLクリームの方が浸透率が高そうな使用感ですが、
夏場なんかは丁度いいかも。
漢方の成分がじんわりと効いてくるような気がします。
同じく「美思」のスクラブ入りのパックはボディ用に購入。
潤いを与えながらつるつるにしてくれます。

DSCF5039-6.jpg
「美思」のシートパックシリーズ大好き!
この弾力のものはぷるぷる肌になっちゃいますよー(>_<)
もうちょっとシートがしっかりしていると尚良しかも。
今回、意外に良かったのはヒアルロン酸のシートパック。
安いのにしっかり潤ってしっとり肌になれます。


SKIN FOOD
DSCF5046-9.jpg
黒糖スクラブ&ミントパック
スクラブはボディ用。
膝や肘などのザラザラ防止に。
パックは、ミントが入っているので夏のテカリ防止に。


inisfree
DSCF5476-15.jpg
ローズのボディミルク&オイル
薔薇の花びらが入っているオイルに胸きゅん
ただし、若干香りが強めなので注意!
やっぱりロクシタンのほうが良いですね(当然か・・・)


THE FACE SHOP
DSCF5042-8.jpg
ショップのお姉さんに強力に勧められた商品。
7%ビタミンCが入っている美容液。
HABAの「白い騎士」と全く同じような使用感と効果。
値段は半額以下の1500円くらい。
ケアの一番最後にスポット使いするタイプです。
一晩中ビタミンCが効いてくれている感じがビシビシします。
[PR]

by exia00 | 2009-09-12 11:18 | 韓国旅行2009-7
2009年 09月 09日

韓国旅行2009年7月⑬ちょこっとオヤツ編「BEANS BINS(doota!内)」

真夜中に甘い物が食べたくなることってありませんか?
コンビニでアイスもいいけど、
眠らない街・東大門なら真夜中カフェだってできちゃいます!
旅行初日、カンジャタンを食べた後にスイーツを求めて行ったのは、
巨大ファッションビル「doota!(トゥサンタワー)」。
DSCF4958-k33.jpg
doota全体像の一部。
すっごい大雨でこれ以上はひいて撮影できず・・・。

DSCF4941-k28.jpg
ビル内5階にあるカフェ。

DSCF4940-k27.jpg
カウンターで注文をして、

DSCF4943-k29.jpg
お席に着いて待ちます。

DSCF4945-k30.jpg
呼び出し音がなったらカウンターにダッシュ。

DSCF4947-b1.jpg
トリプルチョコレートワッフル8000W(600円)
何がトリプルかというと、
チョコソース・チョコ生地・生地の中にもチョコレートブロックと胡桃がゴロゴロ。
上には、こんもり生クリームがのっております
大きさもトリプルサイズ?
開いた手より大きい。

DSCF4952-k32.jpg
もちろん、生クリームをのっけていただきます
ツヤのある「カリッふわ〜」な食感で美味(>_<)
夜中のカフェも良いものですね♪


DSCF4936-k26.jpg
ビル内は、夜中なのにう人がじゃうじゃ!
小さな子供も買い物に勤しんでいるとは!!
ソウルのパワーを伺い知ることができるスポットの一つですね。

DSCF4935-k25.jpg
このでっかい木のオブジェがキモ可愛いわあ。


「doota!」
電話番号:02-3398-2386
営業時間;10:30〜翌日5:00(火〜土)/10:30〜23:00(日)
    /19:00〜翌日5:00(月) ※月曜日が公休日の場合は10:30より営業
休業日:旧正月(2008年−2/6-7休)、夏季(2007年−8/13-16休)、
     秋夕(韓国の旧盆・2008年−9/13 -14休、9/15−10;30〜)  
[PR]

by exia00 | 2009-09-09 17:40 | 韓国旅行2009-7
2009年 09月 08日

韓国旅行2009年7月⑫ちょこっとオヤツ編「Meal Top(ミルタプ)」

ソウル通でいらっしゃる「ハレクラニな毎日Ⅱ」のみみさんの旅行記の更新を、
ホテルのPCから拝見していた私。
そのエントリーの中で、
みみさんが7月ソウル一人旅で召し上がったという、
絶品かき氷を求めて江南地区の現代百貨店へ参りました。

DSCF5346-m3.jpg
現代百貨店の5Fにあります。
普段は行列ができているそうですが、
この日は混んでいるものの席はほんの少し空いていたので、
ラッキーなことにすぐ座れました。
行列ができているときには、整理券をひいて待つようです。
注文は、お席についてから。
メニュー表をみてオーダー。支払いはテーブル上で前払いでした。

パッピンス(小豆ミルクかき氷)7000W(525円)
DSCF5344-m2.jpg
美味しいーー!
綿菓子のように粒子が細かい氷の上に、
練乳と牛乳を合わせたミルクソースがかかり、
毎日手作りされる甘さ控えめの小豆がたんまりと乗っています。
トッピングの白玉は蜂蜜に漬け込んであるようです。
結構なボリュームで、
食後のデザートに少し食べたいという時には二人で一つで丁度よいかもしれません。
*小豆と白玉はおかわり自由なんですって(←ホ・スンホ「美味しいソウル107店」情報)
 

DSCF5347-m4.jpg
スッと消える繊細な口溶け。
昔ながらの機械を使用して氷を粉砕しているのだそうです。
台湾のかき氷=雪花冰(シェーホァピン)のような感じ。
氷そのものが美味しい。
そして、小豆の甘さがとっても上品なので、
全く食べ飽きません。
人生最高のかき氷といっても良いパッピンス!


そもそも、かき氷という食べ物はあまり好きではなかったのですよ・・・。
だってね、所詮は「氷」でしょう。
しかも、氷がざくざくと不均一に削られていて、
耐え難い舌触りになっているものが多いので食指が動かないのです。
でもね、こちらのパッピンスはおかわりしたいくらい美味でした!
本当に美味しいのですよ。
みみさんの記事で雪のようにふわふわだという表現をなさっているのにピンときて、
試してみて大正解でした。
みみさん、今回もありがとうございました


「Meal Top(ミルタプ)」現代百貨店5F
ソウル市 江南区(カンナムグ) 狎鴎亭洞(アックジョンドン) 429
住所(韓国語) 서울시 강남구 압구정동 429  5F
電話番号 02-547-2233
営業時間 10:30〜19:30
休業日 不定期(月1日)、正月、旧正月、秋夕(韓国の旧盆・2007年−9/25-26休)
日本語 不可
みみさんのミルタプ記事
[PR]

by exia00 | 2009-09-08 11:30 | 韓国旅行2009-7
2009年 09月 03日

タイ王国 サバイサバイ

タイ王国 サバイサバイ        満足度:★★★★☆


無知でお恥ずかしいのですが、タイって「王国」だったのですね!
現在も王国だったとは・・・はっきりと認識しておりませんでした。
皇室は日本のように象徴だけに留まらず、
有事のときには軍事や政治にも関与して国民を守るという存在感。
国民からの皇室への人気も高いらしいです。
旅行してみたい国ではありながら未訪問なのですが、
きっとバンコクあたりだと近代化も進んでいるのでしょうね。
アジアで一番有名な安宿集合エリア「カオサン・ロード」はバックパッカーの聖地だそうで、
ここは一度訪れてみたいなあと学生時代は憧れていました。
流石に大人になった現在は、
宿泊することはないと思いますが、
こういう安宿やドミトリーに泊まって世界中から集まってくる旅行者と交流したり、
その国でまるで生活するように旅するということは、
なんて怠惰で刺激的なんだろう!!と憧れ続けております。
チャオプラヤ川が見えるペニンシュラあたりに泊まって,
優雅に過ごすのも悪くありませんが(笑)

前置が長くなりましたが・・・そう!タイ料理!
私はあまり食べ慣れてはいないのですが、ガパオは特に好きな料理です。
リンクさせていただいているl「らんらんランチ♪」のLunchさんが、
最近、足繁くお通いになっているお店があるという御紹介で伺ってみました。
DSCF6475-16.jpg
闇夜に浮かび上がるプレハブ小屋!!
「あやすぃぃぃ〜〜!」と思って、
ちょっと前まで近くに住んでいたというのに通り過ぎていたお店。

DSCF6474-25.jpg
プレハブの奥には、こんな通路があり、

DSCF6440-7.jpg
ちゃんとしたレストラン出現(喫煙可でした)。


DSCF6439-6.jpg
まずは、シンハービールで乾杯。

DSCF6446-11.jpg
ソムタムタイ(青パパイヤのサラダ) 850円

DSCF6445-10.jpg
ウッマー!
青っぽい風味がかすかに残るしんなりパパイヤに、
甘・酸・辛のソースがからんだ実に南国らしい味付けのサラダ。
ナンプラーやチリを更にかけても美味しいです。
添えてあるピーナッツがコクをプラスしてかなり美味しい!
このサラダはかなり気に入りました。

DSCF6443-9.jpg
トムヤンクン 1000円

DSCF6449-12.jpg
テーブルで煮ていきます。

DSCF6453-14.jpg
このトムヤンクンはそんなに好きなタイプではなくちょっと残念かな。
しょっぱくって・・・酸っぱさばかりが際だっております。
この日は結構お客さんがいらしたので忙しかったせいもあるかも。
きっといつもはもっと美味しいはず!


DSCF6450-13.jpg
パッキーマオタレー(太ビーフンと海鮮の炒め) 850円

DSCF6455-16.jpg
これ、ウマーイ!
甘辛く魚介のダシがよい感じに麺にしみこんでます。
そして、イカ・海老のほかにお野菜がたっぷり。
甘味が強いので、お砂糖もかなり入っていると思いますがクセになる甘辛さ。
これは、また頼みたい逸品。

DSCF6457-18.jpg
ガパオムーラードカオ(豚肉のバジル炒めかけご飯) 850円

DSCF6458-19.jpg
タイ料理といえば必ずオーダーする品。
バジルのこの香・苦・甘の揃った風味がとても良い。
日本のバジルとはちょっと趣が違う風味です。
豚肉の甘味と共にお野菜の味がしっかり感じられます。
うまうまうま〜!

DSCF6461-20.jpg
フライドエッグも良い感じ。
混ぜ混ぜしていただきます。
が、大量のごはんに対して具が少なすぎる〜(笑)
美味しいのでもっと具をいっぱいくださーい!


DSCF6463-21.jpg
ランプータン・シロップ入り 300円
シャクシャクして美味しい。
シロップは甘め。

DSCF6467-23.jpg
タピオカココナッツミルク 200円
トウモロコシ入り。
ココナッツのこれ大好き。
やっぱり〆はコレですね

DSCF6468-24.jpg
売り切れだったけど、このデザートが気になりました。
次はあるといいな。


お会計は、コレ全部で4000円ちょい。
一品料理のほとんどが850円という価格なのです。
夜でもリーズナブルにいただくことができる素晴らしいお店!
本場の方が作っているだけあってお味も本格派でしたよ。
仙台にいながらタイ旅行気分が味わえました♪
是非、また行きたいお店です(^^)/
lunchさん御紹介ありがとうございました

DSCF6441-8.jpg
こんなコースメニューもありました。


【番外編】
レストランにお伺いする前日、
lunchさんからテイクアウト情報を教えていただいてましたので。。。

DSCF6430-2.jpg
ランチタイムのガパオ 680円

DSCF6432-4.jpg
テイクアウトしてみました。
これは鶏肉のガパオですね。
やっぱりごはんに対して具が少ない(笑)
味はとても良いです。

DSCF6438-5.jpg
なんと、デザートをサービスしてもらっちゃいました!
幸せ〜(>_<)うまうまでした。
こういうサービスは嬉しいですね♪


「タイ王国 サバイ サバイ」
住所:仙台市青葉区木町通2-6-32
TEL:022-275-9858
営業時間:11:00〜23:00 (ランチタイム11:00〜15:00) 無休
全品テイクアウト可
[PR]

by exia00 | 2009-09-03 02:28 | エスニック・中華