ランチのちワイン、時々トラベル。

g00exia.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 28日

芸術&美食の秋〜「Elevage(エレヴァージュ)」

これで東京旅行10月編はおしまいです。
最後の記事は西麻布のワインバー。

思えばワインバーに初めて行ったのは学生時代。
その細い足に見合わないくらいの大げさなグラス、
そして、それに注がれたルビー色した液体に内心ドキドキしたものです。
大人の世界に踏み入れたようなあの高揚感。
今でもバーカウンターに座るとふと思い出してしまいます。

DSCF7819.jpg
今回お伺いしたエレバージュさん。
飲み頃の高級ワインをグラスでいただける素敵なバーです。
普通のビルの2階。

DSCF7795.jpg
グラスもハーフサイズがあるのですよ。
本当にたくさん魅力的なワインが開いているので
色々飲んでみたい欲張りさんやワイン勉強中の者にとっては有り難いことですね。
値段もクオリティを考えれば決して高くはないと思います。
普段はボトルでないとオーダーできないような驚愕ワインをグラスで飲めるのですから、
むしろお安いといえるでしょう。
仙台ですとこういうワインバーは少ないのでかなり感動しました。
もちろん仙台にも個性のあるワインバーはたくさんありますがね(^_^)v
本当の意味で飲み頃のフランスワインを最適なサーヴでいただけるワインバー、
不勉強で仙台ではまだお目にかかったことがありませんので、
ご存じの方是非ご教授いただきたいです!情報求みます!!

DSCF7807.jpg
ワインだけでなくウイスキーなどもかなり充実!
デーブル2席とカウンター6〜7席のこぢんまりした良い感じの空間。
予約は不可ですので注意。
2次会以降としていらっしゃる方が多いので、
オープンから気合いをいれて来店すれば、
素敵なご主人を独り占めできるかもしれませんよ(^^)

DSCF7799.jpg
ビアンヴェニュ・バタール・モンラッシェ1999(ドメーヌ・ポール・ペルノ)70ml3400円
「最も偉大なシャルドネの作り手」の一人と評されるルフレーヴと比肩すると評するポール・ペルノさん。
わかりやすい贅沢さを持った白ワインですね。
熟成かかった白ワイン大好きです。
ナッツやクレームブリュレやライトなメープルシロップの濃密さは予想通りですが、
酸味のキレがちゃんと残っているところがとても優雅。
一杯目から素晴らしい!

 DSCF7798.jpg
クロ・ヴージョ1982(ドメーヌ・グロ・F&S)70ml3300円
27年の時を経ていますが若々しい!
濡れたような肌理、森林や山葵やムスクのような香りが印象的で、
雨上がりの軽井沢・三笠通りを歩いているような気分になりました。
こういう熟成具合のブルゴーニュかなり好みです!

DSCF7806.jpg
シャトー・トロタノワ1985 40ml2800円
ポムロールのワインを飲みたかったのでオーダー。
ペトリュスの作り手が手がけているのですね。
メルロー主体のこのワイン、柔らかくって香りも複雑。
でもそれだけでない強さや深みがあるワインでした。
派手ではないけど心に残るワイン。

DSCF7808.jpg
シャトー・ペトリュス1979!! 40ml9200円
生きているうちに熟成ペトリュスが飲めるとは思ってもいませんでした!
くうううー!期待していてもなおそれを上回る素晴らしさ!
例えるなら、サンライズの橙色に染まった地平線。
すうっと滑らかに広がる直線とも曲線ともつかない地平線の彼方から、
太陽が地平線にオレンジ色を与えながら姿を現すあの一瞬です。
地平線は大地ではなく静寂に包まれた夜明けの海面。
考えるのではなく、飲んですぐにこの情景が浮かびました。
神々しい輝きがあるワインです。
果実味がどうとか香りがとかそんなことはどうでもよくなる。
1979年はオフビンテージなのですが、
そういう年だからこそ本来の味を楽しめるのだと改めて思い知らされました。
オンとかオフとかは商業的な意味合いが随分強いのでしょうね。
そうそう、この79年のペトリュスはスワリングしないで味わってとのことでしたが、
(クルクルグラスを回してワインを開かせるあの仕草)
それはタンニンと酸が融合してしまって甘味がマスクされちゃうのだそうです。
味わう側にも注意があるのだと勉強になりました。


DSCF7811.jpg
シャトー・ヌフ・デュ・パプ・レ・カイユ2004(アンドレ・ブリュネル)120ml2000円
秋と言えば、「ヌフ」が飲みたいということでオーダー。
これ、ヌフ?
ブルゴーニュなんじゃないのー??
というくらいに優雅なヌフでございました。
ブルゴーニュは言い過ぎにしても、
力強さと上品さのバランス、何より透明感のある甘さにちょっとビックリでした。
グルナッシュでこうも作れるのかと感動。

DSCF7809.jpg
メルロー・ナパヴァレー2006(ダックフォーン社)120ml3600円
アメリカのワインも勢いがあって好きです。
賛否両論あるけど、アメリカも良いですね。
珈琲やダークチェリーなど力強い。
葉巻と一緒に楽しめそうな一杯。

DSCF7812.jpg
酔わない秘訣。
必ず飲んだ酒と同量のお水を頂きます。
このグラスちゃん可愛い〜

小腹が空いたので・・・
焼き鳥(胸肉)を頂きました。
DSCF7813.jpg
ここで素敵な偶然が!
なんとこの焼き鳥を作って下さっているのが、
仙台一いや東北一の割烹として呼び声が高い「萬み高橋」さんの姉妹店「鳥萬み」さん!
鶏の線維をしっかり感じることができるしっとりした焼き鳥。
柚子胡椒を添えていただきまーす。
生ハムやデザートなどはご主人が用意しておりますが、
基本的にはお料理は出前という形で、
お近くの和食やさんなどにお願いしているようでした。

DSCF7826.jpg
帰りにはご主人の面白ろメールマガジンと共に、
今日オーダーしたワインを直筆でリストにして下さいました!!
親切でかっこいいご主人に惚れたー

ご主人の吉田さんは、
ワインに対して女性を扱うような丁寧さで接しておりました。
なんだかその仕草が艶めかしくてドキドキ。
あ〜ん、あのワインになりたーい!とデレデレしながらサーブを拝見しておりました。
素敵な男性に目がないうるるです(^^;)
夫の視線が気になりました(汗)
こちらのほかにもう一件気になっているワインのお店もあるのですが、
きっとまた再訪してしまうでしょう、エレバージュに。


「Elevage(エレヴァージュ)」
住所:東京都港区西麻布4-2-13 八幡ビル 2F
TEL:03-6419-3889
営業時間 19:00〜翌4:00
定休日 日曜・祝日
予約 予約不可
完全禁煙
[PR]

by exia00 | 2009-12-28 15:23 | 東京2009-10
2009年 12月 21日

芸術&美食の秋〜カフェマメヒコ

本店は三軒茶屋にあるという渋谷の人気カフェ「マメヒコ」。
渋谷の騒々しさとはかけ離れた乙女の空間でした♪
DSCF7613.jpg
地下に位置する入り口。
カフェに入るときのワクワク感の最高潮はこのドアを開ける瞬間。
自分が求める空間がここにはあるかどうかが一瞬にして分かる。

DSCF7616.jpg
店内は隠れ家っぽい感じ。
うんうん良い感じですね(^^)気に入りました。
カフェって何のために利用するのかと言えば、
休憩のためやおしゃべりのためもありますが、
一人の時間を過ごすための大切な場所になっていますよね。
お気に入りの美味しい豆をネルドリップで丁寧に淹れれば、
そこらへんのカフェよりも自宅の珈琲の方が安く美味しくいただけるけど、
いつも自宅カフェばかりじゃつまらないですものね(^^)

DSCF7615.jpg
お一人様にはカウンター風の席もあります。

DSCF7621.jpg
看板の味である珈琲が飲みたかったのでオーダー。
朝の時間帯にはマグカップサイズでしかもおかわり可460円!ですって(>_<)

DSCF7618.jpg
それほどたくさんの珈琲はお腹に納めたくなかったので、
普通のサイズの深入り珈琲をいただきました。
通常はこの小さめサイズでも480円くらいするらしいのですが、
朝の時間帯ということで460円でいただきました。
ここの珈琲はマンデリンのような甘味とコクに油分を十分感じます。
美味しい。
北海道の菊池珈琲さんから仕入れているらしいのですが、
そのブレンドの内容は教えられないとのことでした。
味からするとブラジルやマンデリン系の温かみを表現する系統のものが入っているように感じました。

DSCF7617.jpg
お腹がいっぱいでいただけなかったけどものすごく気になった「葡萄タルト」。
そんな素敵なポスターで誘惑しないで〜〜(汗)
その他にもチーズケーキや甘味類がとっても美味しそうでした。


渋谷に立ち寄ってお茶をするときには、
セルリアン東急のラウンジ「坐忘」を利用することが多いのですが、
朝早くから立ち寄れるこちらも可愛らしい雰囲気と美味しそうなスイーツがあるので、
大人がゆっくりと立ち寄れる貴重なお店かもしれませんね(^^)


カフェマメヒコ
住所:東京都渋谷区宇田川町37-11セブンイレブン下
TEL:03-6427-0745
営業:8:00〜23:00
HP→http://www.mamehico.com/flash/index.htm
[PR]

by exia00 | 2009-12-21 13:18 | 東京2009-10
2009年 12月 18日

芸術&美食の秋〜フランス料理Artichaut恵比寿deランチ

南国バリ島より戻りました(^^)
冬将軍様が君臨する仙台との気温差にさっそくやられております。
中断していた東京旅行をさっさと片付けてバリ編に移りたいと思います♪

フランス料理Artichaut恵比寿さん。
DSCF7623.jpg
まず結論、美味しかったです。
肉:野菜=3:7くらいが好きな私にとってかなり好みでした。
しかも料理の質や立地を考えたら値段もリーズナボー!
普段遣いでリラックスして食べにいく野菜いっぱいの「薬膳フレンチ」。
実はこの時期に胃腸障害が勃発。
あまり酒やグルメなものをたくさんいただける状態じゃありませんでしたので、
このような軽めフレンチがとても美味しく感じました。


DSCF7627.jpg

ランチコース(スープ・前菜・メイン・デザート・自家製パン・コーヒーor紅茶)\2300 
DSCF7628.jpg
スープ:パンプキンスープ
トロッと濃厚で胡桃のアクセントが良い。

DSCF7630-1.jpg
自家製パン①
食感がいいですね。
外がカリッ中がふんわりの私が好きなタイプ。
自家製だけあってイースト香がなく酸味が控えめで小麦の香りが良い。
近くにあったらパンを買いにきたいくらいです。

DSCF7636.jpg
自家製パン②
胡桃をレーズン入り。
この組み合わせ大好き!!
赤ワインが合うパンですね。
パンが本当に美味しくって何度もおかわりしちゃいました。

DSCF7631.jpg
バター
温度調節が良く滑らか。
塩分控えめのミルクのようなタイプ。

DSCF7625.jpg
夫は食中酒にサンセールのシャルドネ、私は珍しくノンアルコールのジンジャーエール。

DSCF7633-1.jpg
前菜:13種の有機野菜のプレッセ モザイク模様仕立て
このお店の看板料理のようで、
季節毎にお野菜やソースを変えて同様のスタイルで出しているようです。
ちと食べにくいのですが、
鎌倉野菜を使ったテリーヌは目にも鮮やか。
ルッコラやラディッシュの味の濃いこと・・・美味しいです。

DSCF7635.jpg
前菜:白レバーのムースと ブルーチーズのムース 無花果のコンポート添え
これは私が好きな組み合わせの前菜。
赤ワインがあれば完璧。
白レバーは好物の一つで臭みが少なく、
ブルーチーズと頂くとお互いのクセとぶつかり合い昇華していくようです。

DSCF7638.jpg
メイン:自家製地鶏のソーセージ仕立て マスタードソース
レバーや砂肝など鶏の色々な部位を腸詰めした逸品。
赤身のぎゅっと詰まったアミノ酸や内臓のほろ苦さ脂の甘味など、
肉の旨味が余すことなく詰まった「でぶっちょソーセージ」。
周りの根菜類のお野菜のアクやえぐみが肉のクセとマリアージュしてます。


DSCF7641.jpg
デザート:苺のロールケーキ(本当は栗のはずだったのですが品切れ・・・涙)
これはまあ普通かな。
しつこいけど栗が良かった(T_T)

DSCF7643.jpg
デザート:フォンダンショコラ バニラアイス添え(+500円)
あつあつとろっとろのデザートですね。
バニラビーンズが利いたアイスと食べるとさらに美味しい。

DSCF7644.jpg
紅茶

DSCF7645.jpg
珈琲


大変満足なランチでした♪
これで2300円ってびっくり!
お店が心配になります。
値段をあまり見ないでオーダーしたので、
3200円だと勘違いしていたのですが、
お会計の時に安すぎて「間違ってない?」って主人に確認しちゃいました(>_<)
それくらい一品一品のクオリティが高かったです。
私が苦手とするプリフィックスなのですが、
どれとどれを組み合わせてもチグハグにならないように、
鎌倉野菜というキーワードと軽めのソースで統一感を出している部分にセンスを感じました。



フランス料理Artichaut恵比寿
住所:東京都渋谷区恵比寿2-6-29 アコルタTS1F
TEL:03-3446-9747
営業時間:11:30〜14:30(L.O.) 18:00〜23:00(L.O.21:30) 
定休日 月曜日(祝日の場合は不定休)
ぐるなびHP
[PR]

by exia00 | 2009-12-18 17:36 | 東京2009-10
2009年 12月 05日

芸術&美食の秋〜ザ・リッツ・カールトン東京 ホテル編②

この日は、午前中に仕事をしてきたせいか少しお疲れだったようです。
吸い寄せられるように入眠。
そして小一時間ほどですっかり元気回復。

ベッドに横たえていた身体を起こして窓を見てみると・・・
「わーーーー!」
DSCF7781.jpg
目覚めたときにはすっかり夜の帳が降りた頃。
ベッドからこんな夜景を見てゆっくり起きる贅沢がありました。

DSCF7784.jpg
あんまり興味がない東京タワーも心なしか綺麗に見える。

DSCF7777.jpg
森ビル側。全体的に以前より照明が控えめになった夜景。これもエコの影響かしら??


しばし夜景を楽しんだ我らは足取り軽くラウンジへ
*ここから先はブレの多い写真になっています(汗)
酒のせいか、写真が下手なのか、多分どちらもあるかと思われます。

「リッツ・カールトン・クラブラウンジ」 *クラブフロア宿泊者専用
1日5回のフードプレゼンテーションは、ザ・リッツ・カールトンならではのもの。
料理長が厳選した軽食・メニューの数々をお好きなだけお楽しみいただけます。
ご朝食 7:00〜10:30 / お昼のご軽食 11:30〜14:00/アフタヌーンティー 14:30〜16:30
夕方のご軽食 17:30〜19:30 / お休み前のお飲物 20:00〜22:00

DSCF7729.jpg
我々がラウンジに伺った時間は18時過ぎ。
ちょうど、「夕食のご軽食=カクテルタイム」のお時間でした。
そしてこの日は金曜日だったのですが、
Special Event 毎週金曜日・祝日前夜のスペシャルイベントなるものが開催!
金曜日と祝前日の夕刻にはシェフやバーテンダーが特別な一品をふるまうイベントを開催しています。
クラブラウンジから一望する東京の夜景にインスピレーションを得て、
当ホテルのバーテンダーが創作したカクテルを始め、
イベントで提供されるメニューはリゾット、握り寿司、デラックスビーフフィレバーガーなど
週替りでご提供しております。
例えば「ムーンドロップ」は、紺碧のブルーキュラソーに三日月型のレモンが気泡で揺れる夜空を
イメージしたカクテルです。    ※開催スケジュールは月毎に変更になる場合がございます。

とにかく金曜日は他の日より豪華ということでしょうか。

リッツのクラブラウンジの上等さを一番に感じた瞬間!!
ラウンジ中央には一際輝いてみえるテーブルが。
DSCF7755.jpg
「きゃーーー!」
フランスワインが6種類も!
フランスの2大醸造地であるボルドー&ブルゴーニュの泡・白・赤がそれぞれ揃っています。
こんなのって初めてです。
クラブラウンジにあるお酒ってワインがあったとしても、
チリやニュージーの新世界か、良くってイタリア、フランスでも南仏とかじゃないですか。
もちろん値段だけでワインの味は語れないのですが、
お客様をもてなすためにリッツとして恥じないクラスのワインを出してくるあたりに、
むむむ〜っと唸りました。あっぱれです。
歴史上(今でも)、ワインが外交を円滑にするために重宝されてきた側面を思い出しました。

どのワインも若いのですが、
飲むのに難しいというクラスのワインでは無かったので楽しめました。
個性が際だっていると言うより、
作りの良い「そつが無くて誰にでも笑顔を振りまける」ワインという感想。
泡以外4つをいただいて・・・飲んでいてワクワク感に欠けるという印象はありましたが、
ワインが主役ではなくラウンジで過ごす時間に寄り添うホステス役にぴったりだと思います。
強烈な印象を与えるワインだとつい会話が途切れがちになりますからね(笑)
ゲストの会話を弾ませる役に徹したお上品で控えめなワイン達、
流石セレクト上手だなと思いました。
広域クラスでもブルゴーニュのお手本「ジョセフ・ドルーアン」を飲めたのも良かったかな。
ちょっと残念だったのはグラス。
ブルゴーニュをボルドーグラスで出しちゃうのはちょっと残念でした。
それから1回のサーブの量が多いので、
色々飲みたい方は予め半分でとお伝えしておいた方がいいかも。

●泡もの
(以下 左:ボルドー 右:ブルゴーニュ)
DSCF7736.jpg DSCF7742.jpg
 シャトー・トゥール・デュ・ロワ                 パリゴ  
●白ワイン
DSCF7737.jpg DSCF7741.jpg 
ドメーヌ・バロンドロスシルド2007 ブルゴーニュブラン・ヴォーシュール・ペールエフィス2007  
●赤ワイン 
DSCF7739.jpg DSCF7740.jpg
 シャトー・シャペル・マカラン2005   ブルゴーニュ・ピノノワール・ジョセフ・ドルーアン2007


今週のシェフズセレクション。
DSCF7731.jpg
その1.サーモンケーキ

 DSCF7745.jpg
その2.チーズアソート

DSCF7730.jpg
蟹の手まり寿司・サラダ・フィレステーキ・ピクルス・チーズ・クラッカーなど。
手まり寿司は蟹ほかに、穴子(これとっても美味)・錦糸卵などがありました。
上手に焼いてあるグリルチキンもウマウマ。
種類は少ないもののお料理はなかなか良い味でした。

引き続き、20:00〜22:00はお休み前のお飲み物の時間。
DSCF7761.jpg
グランマニエ コルドン・ルージュ
オレンジ薫るリキュールこれ大好き
これをロックでいただきました。

DSCF7753.jpg
ナイトチョコレート代わりのプチケーキ。
ちっちゃくって美味しい〜(^^)

DSCF7735.jpg
ラウンジも53階にあるので夜景を見ながらゆったり過ごすことができます。
ワインに美味しいおつまみ達があれば夫婦の会話がより濃密になるものです。
普段からも食事をしながらワインを飲んであれこれとりとめもないことを話していますが、
この日はいつもよりも饒舌になっていたような気がします(^^)
なんと気づいたら3時間もいたのですよね〜びっくりしました。
それだけ居心地が良かったということですね。
こんなに長居しても、スタッフの方々は嫌な顔せずに温かく接して下さいました。
この日は、ちょうどクライマックスシリーズの楽天VS日ハムの試合だったのですが、
チェックインでお世話になった男性スタッフさんが「1点入れたようですよ〜」とか、
まるで家族のように声をかけて下さって和やかに過ごせたことが思い出に残っています。
スタッフのかたの機敏でいて温かみがある接客は見ていて気持ちの良いものでした。

「ラウンジに何回も行ったりずっと長居したりするのって恥ずかしいこと?」
こんな話題が良く出ますが、
私自身は、ラウンジの雰囲気を壊さないお客である限りは問題ないのではと思います。
ガツガツと眉をひそめるくらい必死におかわりしたり、
大騒ぎしている子供を放っておいて自分達だけ楽しんでいたり、
ホテルに相応しくない行動さえとらなければ、
スタッフ側としてもより多くのお客様にラウンジで寛いでもらいたいと思っているはずです。


カクテルタイム〜ナイトキャップを楽しんだ後にお部屋へ戻って来てみると、
DSCF7763.jpg
ラウンジでお願いした通りにターンダウンが済んでいました。

DSCF7764.jpg
ミネラルウォター&ナイトチョコレート


この後は夜間徘徊編になります。
西麻布の「エレバージュ」といううっとりなワインバーで深夜2時まで過ごしました。
その後に、ラーメンまで食べてしまうという過ちを犯してしまったわけなのですが、
その詳細は次回に記事にしたいと思います。


深酒をしても6時に目が覚めたうるる。
自宅だとなかなか起きられませんが、
こんな素晴らしいホテルだと奇跡的に主人より早く起きてしまうようです。
DSCF7852.jpg
チェックインの際に指定した新聞も来ていました。可愛いライオンちゃんマークの袋。




ラウンジでの朝食7:00〜10:30
DSCF7836.jpg
牛乳とフレッシュオレンジジュース。
深酒した身体にオレンジのビタミンが行き渡るようです。
朝から絞りたてジュースをいただけるのは嬉しい。

主人の朝食膳
DSCF7839.jpg
ソーセージ・サラダ・昆布ごはん

DSCF7828.jpg
ブリオッシュ・胡麻ベーグル・トースト

DSCF7829.jpg
フルーツヨーグルト



私の朝食膳
DSCF7834.jpg
ソーセージ・ハム・フルーツ・サラダ・卵焼き・焼き鮭・納豆

DSCF7832.jpg
お粥・トッピングは梅・おみ漬け・長いもの漬け物(←長いも激旨!)

DSCF7833.jpg
ねぎとわかめと麩のお味噌汁


DSCF7840.jpg
食後のコーヒーでほっと一息。
朝食も数は多くないけど、朝はそんなにたくさんは食べないので満足です。
自分としてはフレッシュジュースをいただけることが大変嬉しかった。
お粥と漬け物と鮭が特に美味しかったなあ。
呑兵衛には嬉しいラインナップでしょう。

DSCF7841.jpg
私は胃腸の関係で飲んだ次の日はパンは受け付けないので、
悔しいながらこの素敵な奴らを味わうことができなかったのですが、

DSCF7842.jpg
夫情報によるとどうやらすごく美味しかったそうです。
今こうして見ると・・・何故あのとき無理をしてでも食べなかったのが悔やまれます(T_T)
フランボワーズのデニッシュが〜悲しいほど美味しそう〜(涙)


朝食後はゆっくりとお風呂タイム。
DSCF7868.jpg
朝風呂だってTV付き。
こんなところに一週間くらい居たいなあと非現実的なことを考えているうちに、
あっという間にチェックアウトの時間。


お昼のご軽食 11:30〜14:00
DSCF7899.jpg
最後の最後までおもてなしです。
チェックアウトの時間にはお昼の軽食タイム。

DSCF7905.jpg
ヒレカツのロールサンド
これがすっごく柔らかくってソースが美味しくておかわりしちゃいました。

DSCF7850.jpg
木製ケースに入ったルピシア製のティーバッグたち。
選ぶのがかなり楽しかった♪

DSCF7893.jpg
リラクシング・ハーブス


DSCF7911.jpg
クラブラウンジで無事にチェックアウトした後は、
メインロビーをしばし見学。
ここで、たまたま移動で通りかかったクラブフロアスタッフさんが、
「うるる様〜お帰りなのですね〜!」と遠くから駆け寄って来てお見送り。
しかも、ちゃんと名前を覚えていて呼んで下さってくれたことに感動しました。
おまけに、記念に写真まで撮って下さって本当にチェックアウトした後も最後まで親切です。
そういえば、フロア内ではどこで会ってもスタッフさん達が名前で読んでくれました。
「また、リッツへ帰ってきますね!」と告げてお別れしました(^^)/

心地よいステイができるザ・リッツ・カールトン東京。
東京へ遊びに行ったときの定宿にしたいくらいお気に入りになりました。
確かにお安くはありませんが行く価値があるホテルだと思います。
スパ&フィットネスフロアや日本料理「ひのきざか」の宿題もありますし、
行かれた方の感想をお聞きしてみたいです。


【おまけ】
DSCF7915.jpg
帰ろうとしてふと目にとまったロビーラウンジのアフタヌーンティーセット。
ん?んんん?
どこかで見覚えのあるスイーツ達。
なんと〜クラブラウンジでみた子達ではないですか!
こちらの「ヘブンリー・ティータイム」は3,900円です。
グラスシャンパンorフレッシュジュースがついた豪華な
「ザ・リッツ・カールトン アフタヌーンティー」は8,900円!
クラブラウンジですと、
シャンパンはティータイムにいただけませんがフレッシュジュースはOKですし、
お茶だって好きな種類を好きなだけいただけます(ロビーラウンジのは1種類選択)。
帰り際までクラブラウンジの豪華さを思い知らされた瞬間でした。
[PR]

by exia00 | 2009-12-05 15:15 | 東京2009-10