タグ:ランチ ( 30 ) タグの人気記事


2010年 03月 02日

Bistro Ampoule(ビストロ・アンプル)~南仏料理&ワインで過ごす昼下がり~

南仏のおそうざい料理とワインのビストロアンプルさん。
国分町・稲荷小路のビストロジョバンのシェフでいらした大蔵さんのお店です。
私にとってはジョバンさんといえば、
シュールな要素が見え隠れするソムリエ神さんの素敵なお人柄と、
優しい笑顔の大蔵さんが作られるお野菜もりもりの美味しいお料理!
大蔵さんが国分町を離れて太白区・泉崎で独立なさってからは、
ジョバンさんに立ち寄る頻度が減ってしまっていたのですが、
(あ、でも一昨日行ってきました。)
大蔵さんの美味しいお料理をいただきに、遂に1月某日行って参りました(>_<)

a0165048_2162012.jpg

コチラが大蔵さんの夢が詰まった「ビストロアンプル」なんですね!
お店の前に立っただけで大興奮で震えました(笑)
そういえば、三越近くの「三日月」の岩田さんもビストロジョバン出身。
なんと、「アンプル」&「三日月」は開店日2月28日も一緒(おめでとうございます!)。
ジョバン出身者の店はみんな流行るってジンクスが生まれそうですね(^^)

More お野菜いっぱいのランチに萌えー!
[PR]

by exia00 | 2010-03-02 21:06 | フレンチ
2010年 02月 22日

仙台三越メゾンカイザーのお得なランチセット♪

年明けまで仙台三越地下1階に出店していたメゾンカイザー。
大好評につき、なんと!再出店です!
2月1日から、三越の同じ場所に帰ってきました!
メゾンカイザーのレモンパイやサンドイッチが大好きなので嬉しい(>_<)

昔風日本人なので「パンはオヤツにしかならん」とパンを食事としていただくことはあまりなかったのですが、
バーニャの「バケット・カンパーニュ」「メランジェ」、オランジュリーの「パンオショコラ」などとの出会いがあり、
ここ3~4年くらいでパンが段々好きになってきたように思います。
*多分パン嫌いだった原因は給食の「クレセントパン」。
バター抜きのパサパサロールパンって感じで「パンは美味しくない」って意識を植え付けられた気がする。


a0165048_123913100.jpg
この日購入したランチセット。
好きなサンドイッチ&お菓子が選べます。
お値段は500円くらいでした。
単品で購入するよりもお得なんですって♪
サンドイッチは、
ペッパーシンケンとオニオンソテーのサンド、
エビとアボカドのフォカッチャサンド、
ハムとエメンタルチーズのサンドなど、
お菓子は、ブラウニー・サブレ・プチマフィン・・・など。
どれも美味しそうなので選ぶのに困っちゃう。
12:00~の限定10セット販売だったと思うので、
ダッシュで奪いに行かなくては!!
☆余談ですが、
lunchさんから頂いたタンブラーやっぱり可愛い!☆





a0165048_12481383.jpg
ペッパーシンケンとオニオンソテーのサンド。
これは何度もリピートしておりますサンド。
黒胡椒がバリッと利いたしっとりペッパーシンケンの下には、
しんなりトロッとした飴色のあまーいタマネギちゃんがたくさん。
ペッパーシンケンの塩分とタマネギの甘味が~美味しいです♪
パンは柔らかなチャパタ風なんですが、
このパン独特の食感と具材がとてもマッチしています。
うるるお気に入りのサンドイッチ。





a0165048_135044.jpg

  お菓子は、即決だったプチマフィン。
ブラウニーだと1個なんですが、
プチマフィンは2個も選べるんです。
お味は、レモン、アーモンド、チョコ。
私はチョコ以外の二つを選びました。
特に美味しかったのはアーモンド!
カリカリのカラメルが表面にもかかっているけど、
しっとりした生地の中心にまで浸みていて、
香ばしくて高級感さえ漂っておりました。
もっと食べたーい!
レモンもまるでマドレーヌみたいな可愛らしいお味。
紅茶でほっと一息つくのにぴったりのオヤツでした(^^)



このランチボックスは、
lunchさんのタピオ店での記事を拝見して一目惚れしたセットでした。
ただ、タピオ店のほうがデザートは魅力的ですね~。
エクレアとかシュークリームとか羨ましい!
三越のは臨時店だから調理スペースも限られているし、
生菓子の保存という点でも難しいそうですもんね。
選べるデザートが焼き菓子だけというのは残念ですが、
タピオまで行かなくてもメゾンカイザーを味わえるのが嬉しいですね。

lunchさんのタピオ店のメゾンカイザー記事はコチラでどうぞ!
とっても美味しそうなランチボックスです(^^)
[PR]

by exia00 | 2010-02-22 12:39 | パン
2010年 02月 01日

LUNCHさんと聘珍樓デート♪

バリ旅行の途中ですが仙台ネタもちょっと・・・。

仙台一の人気ブロガーでいらっしゃる、
「仙台でらんらんランチ♪」のlunchさんとお昼御飯デートさせていただきました♪
a0165048_10364792.jpg

聘珍樓は横浜中華街に本店を置く老舗中華料理店。
横浜中華街の現存する中華料理店では最古の屋号と称されているようです。
広東料理ベースなので中華にしては割と薄味、
さら化学調味料などは一切使っていないので安心していただけるお店です(^^)

a0165048_11511763.jpg

ウエイティングルームも素敵☆

a0165048_11505961.jpg

仙台市内や向山・八木山方面、遠く南仙台方面まで眺められます。

More 
[PR]

by exia00 | 2010-02-01 09:36 | エスニック・中華
2010年 01月 16日

HIGASHIYA GINZA

HIGASHIYA GINZA(ヒガシヤギンザ)

バリ島旅行の途中ですが、
先日、仕事で出かけた東京でのお店の紹介をちょこっと。
京橋にほど近い銀座一丁目ににある「HIGASHIYA GINZA」さんでランチをしてきました。
直前までお蕎麦が食べたくって「古拙」さんに行こうと思っていたのですが、
お茶と和菓子が自慢の素敵な茶房に心惹かれてこちらにお邪魔しました(^^)
DSCF9137.jpg
地下鉄有楽町線 銀座一丁目 7番出口を出て振り返って右側。
POLAビルの2階ですので迷う心配はありません。
*この写真は反対側で撮りましたが、7番出口を出るとPOLAビル側に出ます。

DSCF9170.jpg
お店の入り口。
ぬう〜好みの雰囲気です〜。
お土産用の可愛い品がたくさん置いてありました。

DSCF9167.jpg
奥に茶房があります。
なんて素敵なデザインなのでしょう!
木目のナチュラルさにピリッと黒檀のようなブラックが利いております。
お琴などの音楽が流れていそうですが、
パーカッションや金管が出番多めの強めクラシックが主にかけられておりました。
土地柄的にマダム達のおしゃべりの場になるための配慮でしょうか。
良い感じに隣同士の会話をぼかしております。


ランチメニューは2種類。
昼食膳(白飯、味噌汁、季節の肴鉢、香の物)1500円
季節の膳(季節のご飯、味噌汁、香の物)1500円
+800円で和菓子と煎茶orお薄がいただけます。
*10%サービス料別途。

色々とおかずがいただける「昼食膳」にしました。
DSCF9145.jpg
ごはんが艶々に炊けております。
お味噌汁もきちんとダシを取っている鰹ベースの味。
具は白菜と薩摩揚げが入っており結構なボリューム。
質素な内容に見えて女性ならお腹いっぱいになると思います。
ごはんとお味噌汁はおかわり自由でしたので、
男性でもおかわりすれば満足できるかもしれません。
食事についてくる「ほうじ茶」もとっても美味しくて何度も注いでもらっちゃいました。


DSCF9146.jpg
肴鉢の内容は、
鰆の西京焼き(皮がパリッとして焼きたてでした)
蒸し豚(さっぱりとした豚の赤身肉)
揚げ海老団子(しっかりとした海老の風味)
椎茸(肉厚!)
蕪(丁寧に炊いてあります)
小松菜のお浸し
だし巻き卵
明太子和え(この赤い物体、一体何だったのか聞くの忘れた)

あ〜美味しいなあとしみじみ感じる京風のおかず。
鰆とか海老団子はしっかり味がついていたけど、
他のものは割と薄味でした。
それぞれの味の強弱があってとてもよいと思います。

DSCF9148.jpg
漬け物大好きっ娘にはたまらないお盆!
しば漬け、きゃらぶき、おみ漬け、くずき漬け、いぶりがっこ、茄子漬け
いぶりがっこがあるのがすごい嬉しいーー!
こんな風にお盆に可愛く出してもらえると漬け物もなんだかお洒落に見える。
おかずの合間にぱくっとしても良いけど〜、
ごはんに漬け物をのっけて熱ーいほうじ茶をかけてお茶漬けにしても美味しい!
(この食べ方はお洒落ではないですね、笑。)

DSCF9150.jpg
ナプキンもちゃんと布ですよ。

DSCF9161.jpg
食後の楽しみは、やはり和菓子。
10種類くらいの「季節の和菓子」の中から選びます。
実物の見本が入った箱を持ってきて、
一つずつ説明して下さいますので、
食後にじっくり悩んで決めることができますよ♪
私が選んだ柿衣の他に、
豆大福、葛まんじゅう、各種羊羹類が美味しそうに並んでいました。

DSCF9156.jpg
イケメンスタッフさん一押しの「柿衣」。
これ絶品!
干し柿に白餡と薄切りバターを挟んだもの。
私生まれて初めて干し柿を食したのですが、
なんという上品な甘さなのでしょうと驚きました。
お土産を食べた主人曰く「これは干し柿の中でも上等だ」と。
固めの食感やほんのりとした甘味の干し柿に、
滑らかな白餡の爽やかな甘さの重ね技が施してあり、
口の中の温度によってじわーっと溶けるバターの塩分が本当に絶妙なのです。
ちょっと似た商品で「棗バター」もオススメだということでした。
今度、お取り寄せしてみたいです。
*HPから取り寄せ可。

DSCF9164.jpg
お煎茶は、三煎までいただけます。
お薄(お抹茶)も美味しそうでしたが、
すこしのんびり長いしたかったので煎茶をチョイス。
可愛い蓋椀のような茶器で一煎ずつ丁寧に淹れて下さいました。
こちらのスタッフさんは美男美女ぞろいで、
テーブルを担当して下さった方が長身イケメン店員さんだったで、
淹れて貰ったお茶が更に美味しく感じたような気がする(笑)
ぼーっと一人で過ごそうと思っていましたが、
お店についてあれこれ質問したり楽しく過ごすことができました。
お茶のお世話などあれこれ焼いてくれますし、
話し相手にもなってくれますので、
サービス料10%は喜んでお支払いしたい気持ちになります。
ゆったりランチ&お茶をしたい方に是非お立ち寄りいただきたい茶房です(^^)
私はいたく気に入ってしまい2日連続でお邪魔しました。
(しかも全く同じ物を食べた。)


DSCF9142.jpg
日本庭園にある「蹲踞」がモチーフなのかな。
トイレに入った途端に、この蹲踞もどきから水が流れ初め、天井から音楽がなり始めました。
「おおっ」とちょっとビックリした。

DSCF9168.jpg
エントランス付近のショップ。
お年賀用にいくつか購入しました。

DSCF9169.jpg
日本古来からの「重ねの色目」を大切にした季節感溢れる熨斗が揃います。


青山や西麻布などにもそれぞれお店がありますので、
興味がある方はHPを覗いてみてください♪
特にスタッフさんが「是非」と勧めて下さった目黒区八雲にある「楳心果」。
古民家を改装した何とも言えない雰囲気がある店舗のようですので、
次回時間があったらお伺いしてみたいと思っています。


「HIGASHIYA GINZA」
電話:03-3538-3230
住所:東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル 2F
営業時間:11:00〜21:00
ランチ11:00〜15:00、ディナー17:00〜21:00(夕食膳もあり)
定休日 年中無休(年末年始を除く)
予約 予約可
「HIGASHIYA GINZA」お店のHP
[PR]

by exia00 | 2010-01-16 20:58 | 東京2010-1
2010年 01月 04日

日本料理 醇泉 (勝山館)

日本料理 醇泉  満足度:★★★★☆+


杜の都の迎賓館、勝山館へ。
DSCF1618.jpg
日本料理『醇泉』。
お昼だとちょっぴりお得な料金で楽しめちゃいます。

DSCF1617.jpg
カウンターを通って予約したお部屋へ。

DSCF1520.jpg
1階のお席(カウンターを除いて全室個室)を予約しました。
入り口から部屋全体を望む。

DSCF1527.jpg
こちらは部屋の奥から入り口を撮ったもの。
キンキラですが落ちたモダン和風なお部屋です。


DSCF1528.jpg
伺ったのが去年の5月。
ちょうど藤の季節でした。
余談ですが藤棚の妖艶な様っていいですよね。

伊達の七福膳 5000円(税込み・サ10%別)*二名より要予約
厳選された宮城シロメ一等大豆を使用して、
手づくりした豆乳・湯葉・豆腐料理の他、藏元の自家製品が味わえるお得な会食膳。 HPより

ランチでここに来ると、いつもこのコースを頼んでしまいます。
夜だと6000円だそうなのでちょっとお得。

一品目 甘みとコクの豆乳、豆腐、汲み上げ湯葉
DSCF1531.jpg
大豆が主役のコースに相応しい前菜。
豆腐好きには嬉しい小さな三品です。

手作り無添加ソーセージ 粕漬け
DSCF1539.jpg
グルメ漫画“美味しんぼ”第16巻で、
「究極のソーセージ」として登場した有名なソーセージ。
銘酒蔵元”勝山”の大吟醸酒酒粕で漬けています。
馥郁とした酒粕の香りは言うまでもなく日本酒にベストマッチしますが、
国産豚の上品な甘味と相まって得も言われぬ旨さなのですよ!
この「粕漬け」と「黒豚100%」が特にお気に入りです。
三越や藤崎などでも購入可能で、
うるる家では食卓に登場する度に夫婦で奪い合って食べます(笑)

手作り豆腐と野菜のみぞれ椀
DSCF1537.jpg
揚げ出し豆腐風のお椀です。


三陸近海鮮魚介のお造り
DSCF1541.jpg
どれもちゃんと美味しいですねー!
このパレット盛りも「きゃーー!」っと気分が上がります。
フレンチのSHOZANがあった頃に、
このパレットを使った宝石箱のような前菜盛りがありましたね(^^)

DSCF1550.jpg
鮪やカンパチはしっかりアミノ酸の出ている味わいで寝かせ具合も◎。
ボタン海老もねっとり甘くてウマウマでした。


一等大豆の引き上げ湯葉の豆乳鍋
DSCF1554.jpg
テーブルの上でグツグツと炊きます。
着物を着た綺麗な仲居さんが湯葉を引き上げてくれます。

DSCF1557.jpg
お椀に丁寧に盛ってもらいました。
わ〜出来たても美味しいですね〜。

DSCF1559.jpg
湯葉を頂いた後のお鍋に「にがり」を入れて・・・

DSCF1570.jpg
出来たて豆腐へ。
お塩の後に特製のダシ醤油でいただきます。
一粒で二度美味しいお鍋でした(*^_^*)


伊達流石焼焙烙 特選牛の大吟醸藏漬け(味噌風味)
DSCF1560.jpg
味噌風味の粕漬け牛ですね。

DSCF1563.jpg
味噌&粕で牛肉がとーっても柔らかい!
肉も適度に霜降ってますが脂っぽくはありません。
噛むほどに肉の旨味が出てくる逸品。


旬の天婦羅いろいろ
DSCF1577.jpg

DSCF1578.jpg
海老、鱚、季節の野菜色々
衣は厚すぎず薄すぎずちょうど良い。

DSCF1589.jpg
海老も立派なものを使っています。
熱々サックリでうま〜。

御食事 
DSCF1595.jpg
稲庭うどんでした。
細くてしこしこ!
天ぷらを残していたので、
後半は天ぷらうどんにしていただきました♪

デザート
DSCF1605.jpg
吟醸酒のアイスクリーム〈銘酒勝山の吟醸酒の香り季節の果物を添えて〉
ふんわり香る大吟醸のアイスが大好き!
お酒がダメな方は抹茶とか胡麻とか別なものを選べたと思います。
この日は苺のアイスを一ついただきました。

DSCF1623.jpg
食後にはお庭の散策も。

醇泉さんは雰囲気も良くって、
ちょっと贅沢にランチという気分にとっても似合うお店ですね。
ご存じの通り勝山は元々は酒蔵でしたので、
堅実な美味しさを持った日本酒を食事と共に味わえるところも魅力です。
今回のコースの難点を言えば、
豆腐好きじゃないと不満があるかもということ。
豆腐出現率が高いでしょ?
前情報がないと何回大豆製品を出すんだーとビックリしちゃいますよね(笑)
肉も粕漬けが2回かぶっているし、野菜が少ないのも欠点。
でも、私はこのお膳はランチにいただくのにとっても気に入っています。
この伊達の七福膳の他、
季節毎の彩りをちりばめたお膳もあるようですので、
お豆腐をそれほど味わわなくてもいいわという方は別のコースをオススメします。
夫婦で母娘で女友達でと個室でゆっくり食事を楽しむのに最高の醇泉さん、
来店の際には是非ご予約をなさって下さいね♪


日本料理 醇泉
住所:仙台市青葉区上杉2-1-50 勝山館1階
TEL:022-213-9155
営業時間:11:30〜15:00(L.O14:00) 17:30〜22:30(L.O20:30)
HP→http://www.shozankan.com/junsen/




アルフィオーレお節を食べ終えて、そろそろ和食へ。。。
_MG_2971のコピー
お節風と思ったのですが、
好きなものだけピックアップして作ったので手抜きと言われちゃう風貌。
大好きな昆布巻きを作る余力がなく残念でした。
半日かけたのですが醇泉の引き立て役を買って出た状態ですね(笑)
イタリアンを堪能した後は和食が恋しくなり、
無性にうどんを啜りたくなって、ぶっとい讃岐うどんをずるずるー!とやっちゃった。
ちょっぴり「すり胡麻」をいれるとコクがでて更に旨くなりますよね。
その他は、豚の角煮・筑前煮・海老の塩焼き・松前白菜・せり・栗きんとん・無花果・黒豆。
日本酒は、一ノ蔵の山廃仕込みの純米大吟醸・山和の純吟・天寿の純米大吟醸の古酒。
やっぱり昆布巻きがないと寂しいなあ。
いや、旨い酒があれば万事OKでしょう!


お正月がもう終わってしまうのが残念ですが、
明日からのお仕事も張り切っていかなきゃですね(^^)/
[PR]

by exia00 | 2010-01-04 00:10 | 和食
2009年 08月 24日

勝山館 Ristorante PADRINO del SHOZAN

Ristorante PADRINO del SHOZAN      評価:★★★★☆
(リストランテ パドリーノ デル ショーザン) *2009.7.20リニューアル(来店は7月末)   

仙台随一のフレンチレストランとして、
多くの支持を集めてきたレストラン『SHOZAN』は、
より開かれたレストランとしての新しい価値を追求すべく、
新たにイタリアン・リストランテとして生まれ変わります。    HPより


DSCF6030w3.jpg
多くのファンに惜しまれつつ今年6月に閉店されたSHOZAN。
新たに料理長をお迎えしてリストランテとしてのスタートを切りました。
ご丁寧にお葉書をいただいていたのですが、開店日にはお伺いできず、
午後から仕事のこの日、思い立ってようやく行くことが叶いました。

DSCF6032s4.jpg
店内は以前のまま高級感があります。

DSCF6033s5.jpg
日本庭園を眺めながらのイタリアンは気分が良いものですね(^^)
贅沢な時間です。

DSCF6031s2.jpg
テーブルコーディネートは以前と同じように丁寧。
お皿の色遣いが明るくなったかしら。


【ランチメニュー】
DSCF6386-ss1.jpg
1900円〜とは、かなり低めの料金設定ですね〜。
SHOZANも時代の波にさらわれたのかなあと心配になりました。
以前のフレンチ時代は、ランチは2500円〜でしたものね。

DSCF6387ss2.jpg
ランチでは多分ここらへんのコースが一番出るんじゃないかなあと思います。

DSCF6388ss3.jpg
フレンチ時代を懐かしみたい方はこちらのコースかな。

DSCF6389ss4.jpg
前菜orサラダか選べます。
スタッフが説明するって書いてあるけど、
最初に案内&メニューを渡してくれたスタッフさんは説明もせず消えちゃいました(T_T)
それどころか各コースの違いなども説明なし。
開店したてなんだから、
こういうところ親切にしないと厳しいんじゃないかしら。
SHOZANほどのリストランテではあるまじき接客。
結婚式関係でも使われるのだから、もっと頑張ってもらいたいですね。

しかし!
私たちの来店に気づいて下さった副支配人さんが、
その後サーブについて下さったのでとても心地よくお食事できました(^^)
本当に何もかも丁寧に物腰柔らかく説明なさるので、
まるでそこにお料理が見えるような錯覚を起こし、
仕事があるというのについワインを頼んじゃおうかしらという気になる程でしたよ。
お料理をサーブするときにも、
一つ一つの素材やエピソードなどを上手に紹介して下さるのです。
決してお邪魔になるようなウンチクではなく食べるのが楽しくなるようなお話。。。
彼の優しい笑顔やちょっとした心配りを見ていると、
接客とはかくあるべきなのだろうなあと感ずるところがありました。

DSCF6390ss5.jpg
この中からそれぞれ選びます。

DSCF6392ss7.jpg
ピッツァの釜が未完成なので、9月15日までのお楽しみ。



PRANZO A 2500円(自家製パスタ+300円)*税込み10%サ別

1,本日の前菜orサラダ
DSCF6034s6.jpg
前菜の盛り合わせにしました。
この前菜たちとっても美味しい!

DSCF6037s8.jpg
パンプキンスープ
アマレットとオリーブオイルの風味が優しく香ります。

DSCF6040s11.jpg
自家製ハムのサラダ

DSCF6036s7.jpg
原椎茸のマリネ
立派な椎茸ですね。
歯ごたえも良いし、
何と言ってもガーリック風味に負けない主張のある杉のような香りが素敵。
椎茸に素敵って言ったの初めてかも(^_^;)

DSCF6038s9.jpg
カプレーゼ
水牛のモッツアレラ使用。

DSCF6039s10.jpg
ゴルゴンゾーラのムース トリュフハチミツ添え
これ!すっごく美味しいです!!
青カビが目立たないタイプのゴルゴンゾーラをホイップのように仕立てて、
ハチミツをかけているのですが・・・、
この組み合わせが狂ったように好きなのですよ、私。
もうワインなしでは拷問ですよー(笑)


2,パン 
DSCF6043s13.jpg
温めてサーブして下さるので好みです。
カリッとふわふわ。
オリーブオイルがパンの上で少し温まって香りがふんわりと舞い上がる。


3,パスタ
DSCF6044s15.jpg
志津川産真ダコと庄屋大長茄子のトマト煮込みソース
イカスミを練り込んだタリアッテッレ (自家製パスタなので+300円)

DSCF6047s16.jpg
大きくて柔らかいタコがたくさん!
茄子もオイルでとろとろでかなり良い。
が、このトマトソースがあまり好みではありませんでした。
十分美味しいと思うのですが、
まるで「エビチリ」のようなお味なのですよ。
魚介の旨味にトマトにチリにガーリックが主体なので、
どうしてもそういうお味に感じてしまいました。
中華風にしか思えなくて、
イタリアンとして美味しいとは思えませんでした。
多分私がイタリアンを食べ慣れていないせいもあるのだと思います。
正統派のトマトソースとはちょっと違うので、
美味しいけど上品さや洗練とはかけ離れているところが残念。
かなり濃厚なこともあり、
残ったソースを完食するのが難しかった。

DSCF6051s17.jpg
実はイカスミは初体験!
主人曰く、磯の香りがきき過ぎてあまり良くないと。
私は初めて食べるので何とも評価できないのですが、
タコのお出汁にこのイカスミの磯臭さが合わないことはないと思いましたが、
確かに後味に残るイカスミの風味が強いかなと感じました。
どんなワインを合わせてよいのやら、
ちょっぴり困ってしまうパスタかもしれません。

4,本日のデザート
DSCF6065s18.jpg
ドルチェ3種盛り
シャ−ベット・パンナコッタ・ティラミス
どれも文句なく美味しいです。


5,カフェ(エスプレッソorカプチーノ)
DSCF6066s19.jpg
カプチーノにしました。
これも美味しくいただきました♪


DSCF6029s1.jpg
気になった点は接客にかなりの個人差があること。
それから、自慢の一つの自家製パスタの選択が1種類に限れており、
さらにそのパスタの味付けがイマイチだったこと。
SHOZANさんクラスになると期待度もかなり大きいと思うので、
驚きや感動がどこかにないと、
値段がリーズナブルになっただけではリピーターさんは付かないと思うのです。
より多くの人に開かれたリストランテを掲げているようですが、
SHOZANはSHOZANらしく自分を安売りせずに特別な存在であり続けて欲しい。
「高くてもその価値がある、行けばかならず美味しいものが食べられる保障がある」
そんなレストランでいて欲しいなあと一ファンながらに思います。
これからの成長に期待しております


前回記事はこちら→勝山館"French Cuisine& Wine Cellar" SHOZAN


「Ristorante PADRINO del SHOZAN」
住所:仙台市青葉区上杉2-1-50 勝山館1階
TEL:022-222-7834
営業時間:11:30〜15:00(L.O14:00) 17:30〜22:30(L.O20:30)
HP→http://www.shozankan.com/padrino-del-shozan/
*今後はドルチェにも力を入れるそうで、
ランチとディナーの間のCLOSEを入れずにカフェタイムも営業するようです♪

[PR]

by exia00 | 2009-08-24 23:33 | イタリアン
2009年 08月 04日

AfternoonTea TEAROOM エスパルⅡ

AfternoonTea Tearoom エスパルⅡ  

この日は、「仙台でらんらんランチ♪」のlunchさんとおデートさせていただきました
お店の候補はいくつかあったのですが、
移動のことやリラックスできる場所ということを考えてAfternoonTeaへ♪
DSCF5898-at11.jpg

色々なメニューがあったのですが、
スペイン文化にインスパイアされたという夏限定メニュー第二弾の中から選ぶことに。
2つのメニューを二人でシェアしていただきました

カポナータカレーのフラメンカエッグプレート(サラダ付き) ¥1,344
DSCF5884-at2.jpg
季節のサンドイッチとして登場した限定メニュー。
スペインでのヴァカンスがテーマの今回の夏メニュー。
『フラメンカエッグ』はカポナータ(ラタトゥイユ)に卵をのせ、
オーブンで焼きあげたスペインの家庭料理です。
カレーの上に、カポナータをのせ、さらに半熟卵をのせているんです。
半熟卵を崩しながら食べていただくことで、3つの味のハーモニーを愉しんでいただけます。
〜HPより〜


DSCF5889-at5.jpg
夏野菜がいっぱい!おいしい〜
カレー風味よりもトマトのしっかりしたお味がしますので、
南仏の郷土料理の「カスレ」みたいな感じです。
タマネギやチャッツネのとろけるような甘味が最初の印象ですが、
じんわりとナツメグやクミンやターメリック・チリなどの
スパイスの刺激も追いかけてきます。
上にのっているトロトロの半熟卵を崩しながら食べるとまた美味!
さっくり焼かれたパン粉がまた良い食感です(^^)
これを、クミン入りのスパイスパンに乗っけて食べると更に美味しい。
パンは、多めの油分を使ったフォカッチャのようなパンでしたよ♪

DSCF5882-at1.jpg
パイナップル(缶詰)入りのサラダ。
スパイシーになったお口を静めてくれます。


イベリコ豚ととうもろこしのオリーブソースパスタ(パン付き) ¥1,386
DSCF5885-at3.jpg
スペイン産イベリコ豚と、甘みと食感を生かした2種類のコーンを合わせた
オリーブソースのパスタ。醤油バターがアクセント。
白と黄色のコーンと、緑のズッキーニがカラフルな色合いで食欲をそそる一皿です。
〜HPより〜


DSCF5886-at4.jpg
こういうオイル系のパスタ大好き!
イベリコ豚とトウモロコシの甘味を、
ガーリックとバター醤油が王道の美味しさでまとめています。
香ばしくってカフェのパスタの中ではかなり美味しい方ではないでしょうか。
モグモグいっぱい食べてしまいました〜。
スペインというよりも北海道なお味かなと思いました(笑)
美味です♪

ドリンク(紅茶orコーヒー)
DSCF5891-at7.jpg
食後は二人とも紅茶(ポットサービス)。
カップ2杯半くらい入っていますね〜。
ミルクかレモンが付きます。
lunchさんはミルク。私はストレートで頂きました。

デザートも付けちゃいます!
DSCF5897-at10.jpg
こちらから選べるようです。
スモールポーションでオーダー。
これも、半分こしました(^^)

マンダリンオレンジ クリームチーズケーキ(ハーフ) 260円 
DSCF5892-at8.jpg
今日の夏メニューにぴったりなメニューをlunchさんがチョイス。
オレンジとクリームチーズの酸味がきゅっとしていて良いですね〜。
オレンジのふわふわのスポンジの香りが良くって、紅茶にも良く合っていました。

スイートポテトプディング(ハーフ) 260円
DSCF5890-at6.jpg
私が希望したもの。
季節感を全く無視したチョイスに今更ながら(汗)。。。
しかし、温かくして出して下さったイモはしっとりでうまうま〜。
大好物の生クリームも嬉しいです♪


DSCF5893-at9.jpg
lunchさんはお話がすごく上手なので、
本当に楽しい時間を過ごすことができました〜
共通の話題がいっぱいで、
時間がいくらあっても足りないくらいでしたね♪
lunchさんは、この日もぱっと花が咲いたように華やかで素敵でした〜
それにひきかえ私ったら、
雨降ってるからといって超リラックスな出で立ちでお出迎えしてしまい、
lunchさんの素敵な装いとすごいギャップでヤバかったわー(>_<)

しかも、ごちそうそうまでしていただいちゃって・・・恐縮でした!
デザートまで頼んじゃったし・・・(大汗)
本当にありがとうございました
次は、ご恩返しさせていただきたいです(^^)/〜☆


そして、そして・・・
DSCF6020.jpg
lunchさんからのプレゼント!
大好きなインドネシア料理「ナシゴレン」の素。
私がアジアンな料理が好きなのをご存じでプレゼントして下さったんです。
きゃー!嬉しい!嬉しいー!

IMG_0609.jpg
さっそく、いただきましたよー!
チャ・カンクン(空芯菜の炒め物)とフルーツポンチも添えて♪
AJINOMOTO製のウダン(海老)とプダス(辛いの)を半々使用。
うっまーうっまー!辛味の中に旨味がぎゅっと詰まっているのがスゴイ。
KOKITA製のばっかり買っていたのですが、こっちの方が美味しいわあ〜。
さすが、lunchさんのチョイス!

お供に、ビンタンビールも欲しいところですが、
近場では手に入らず・・・三越で購入した「麦酒 伊達政宗」で代用。
DSCF6017.jpg
色物だなあと疑って買ったけど、これ相当美味しいですね。
政宗はヴァイツェンタイプの生ビールなのですが、
すっきりしたキレと酵母の甘いとろみが、
HOTで旨味たっぷりなナシゴレンにとてもよく合っていました!!
インドネシアと仙台のコラボ(^^)
アジアなお夕飯にご満悦なうるる家なのでした。
lunchさん、ごちそうさまでした

DSCF3299-m.jpg
「いいなあ、ぼくもlunchさんに会いたい〜。」


「アフタヌーンティー・ティールーム 仙台エスパルⅡ」
住所:仙台市青葉区中央1−1−1 仙台エスパル2 2階
TEL:022-292-6392
営業時間:10:00〜21:00 (定休日はエスパルに準じる)
HP→http://www.afternoon-tea.net/main.html
[PR]

by exia00 | 2009-08-04 20:33 | カフェ
2009年 07月 20日

Joel Robuchon Rrestaurant(ガストロノミー ジョエル・ロブション)

Joel Robuchon Rrestaurant   満足度:★★★★☆
                 (レストランは★3.5ブランジェリーは★5)

DSCF5516-st.jpg
お誕生日祝いを兼ねて主人とランチに恵比寿へお出かけしました。
シャトーレストランってどんなのかなあと思っていたけど、
本当にシャトー=城なのですね!!
遠くに見えるロブションさんの建物にビックリ(>_<)
記事を書く段階で気づいたのですが、
こちらのレストランはミシュラン3つ星のレストランなのですね〜。


DSCF5559-rz.jpg
レストラン内は、白と金を基調にしたやや軽やかな感じ。
高級感や重厚さは感じられません。
まあでも割と落ち着く雰囲気です。
素敵に装ったご婦人の集まりが多く華やかな店内でした。


お店をプロデュースしているロブションさんの考えで、
今年の5月からランチのスタイルがプリフィックスに変わったそうです。
この日は、MENU-B 7,800円(税込み 12%サ別)を選択。
アミューズ・前菜orスープ・魚料理・肉料理・小さなデザート・デザート&カフェの内容。
DSCF5518-md.jpg
アペリティフは、主人はシャンパーニュをグラスで。私はミモザ。(2200円/グラス)


アミューズブーシュ
DSCF5531-sg.jpg
西瓜のガスパチョとレモンの氷菓子
液体窒素でさらさらのソルベにしたレモン果汁が、
西瓜のやや青臭い独特の風味をすっきりと爽やかにまとめております。
左隣は西瓜をイメージした飾り。食べられません(^^)


プティ・バゲット
DSCF5524-pb.jpg
手のひら程の名物プティバゲット。
このバケット、かなり美味しいです。
皮の香りがすっごく豊潤で、中のソフトな部分のもっちり具合も良いのです。
添えられているのは、オリーブオイルとバルサミコ酢。

DSCF5528-pbu.jpg
でも、こちらのブルターニュ産のバターが一番合いますね。
塩分が少なくミルクのようにふくよかな美味しいバターです。
バターは、程よく室温に戻されております。

DSCF5529-wg.jpg
プティ・バケットが食べ終わると、こちらのワゴンが!!
お好きなパンを好きなだけ選ぶことが出来ます。
一つ一つのパンは、一口サイズで可愛らしい
しかも、どれもムラがなく美味しかったのは素晴らしいと感じました。

DSCF5534-b2.jpg
私は、ドライトマトとブラックペッパー・アンチョビ入りクロワッサン・バターのデニッシュ

DSCF5535-b3.jpg
夫は、アンチョビ入りクロワッサン・ミルク・パンオルヴァン

DSCF5544-b4.jpg
もうちょっとおかわり・・・バジル・パンコンプレ

お料理の合間にパンのお皿が空くと、
「もう少しいかがですか?」と勧めてくださるので、
ついつい食べ過ぎてしまいます。。。
実は、もうちょっといただきました。


前菜
DSCF5536-z2.jpg
夫は、「マグロのコンフィ 軽くスモークしてからマリネ
                 アンチョビのエスプーマとバーチャル・ラタトゥイユと共に」

DSCF5537-egg.jpg
私は、「地鶏卵 半熟になるようにカリッとフライし、
    グリーンアスパラガスのア・ラ・ミニュットと ベーコンのソース、シェリーヴィネガー風味」
 
DSCF5540-eu.jpg
卵がどれだけフレンチのおすまし顔になるのかなあと思ってオーダー。
絶妙な半熟具合とベーコンのコクのあるソースがとても美味です。


魚料理
DSCF5545-su.jpg
「瀬戸内海産スズキ 香ばしくグリエに、フヌイユのバリエーションと
             グリーンオリーブのクーリー、オレンジのスュックと共に」
これは・・・普通ですね。
スズキの香りが活かしきれていないのです。
ふっくらしてはいるのですが、ものすごく平板な出来上がり。
下にひいてあるウイキョウが美味しかったです。

DSCF5542-rw.jpg
ロワールのシュナン・ブラン。(2500円/グラス)
ここで、本日において一番残念なことが。
魚料理が来る前に、次の飲み物のオーダーを聞かれましたので、
ワインのセレクトをソムリエに頼んだ時のことなのですが・・・。
このワインのセレクトが何とも残念な感じでした。
マリアージュしてなかったんですよね。

私たちお客は、
文字の羅列のメニューからだけでは料理のテイストは伺い知ることが困難です。
よって、好みのワインを選ぶだけなら自分一人でできても、
お料理を活かすワインを選ぶのにはとても想像力や経験が必要になります。
だからこそ、実際のお料理をご存じであるソムリエにマリアージュするワインをお聞きしているのです。
お料理との相性を優先してほしいと2回もお願いしたのに、
ソムリエって何のためにいるのでしょうと悲しくなっちゃいます(T_T)

ワインど素人の私でも実感していることですが、
フレンチにおいてワインとのマリアージュはとても大切なことのはずです。
マリアージュはお互いを高めあう関係であって、
それは時には好みをも超えるものだと思うのです。
このようなガストロノミーにおいて、
料理の良さを台無しにしてしまうワインを平然とサーブする姿勢にがっかり。
お料理とワインは独立して存在させて良いものではないはずなのになあ。

色々書きましたが、ワインは美味しかったのですよ。
それが、お料理と幸せな関係でないことに本当に残念で悲しいのです。

あとで、ソムリエがいらっしゃって「どうですか?」と聞いて下さいましたが、
ワインは、大変美味しいです(笑顔)。」と答えちゃいました。恐っ!
大人げなくてすみません
こちらも、ワインをオーダーするタイミング(料理の味をみてからとか・・・)や、
もっと上手い伝え方があったのではと反省。
彼が全て悪い方という訳ではないと思っています。
お話も面白く気さくで礼儀正しいソムリエさんだと思いました。
きっとね、私たちが求めるものと彼の考え方の相違なのだろうなあ。
肉料理にもう一杯ワインをと思っていたのですが断念しました(-_-)

肉料理
DSCF5553-hb2.jpg
「岩手産ハーブ豚 ゆっくりと加熱してからモロッコ風スパイスの香りをまとわせ
         アプリコットとレモン風味のデーツのピュレを添えて」

DSCF5551-hb1.jpg
このハーブ豚の脂うまーい!
甘いデーツのピューレを絡めて食べると、シュナン・ブランとも好相性。
クミンシードがちょっぴりエスニックな感じですね。

ここで、軟水のミネラルウォーターを頼みました(1L/1200円)

小さなデザート
DSCF5569-td.jpg
マンゴーの小さなコンポートにアーモンドのソルベ

DSCF5570-td2.jpg
口直しとは言えないほど、けっこう濃厚ですね。
マンゴーとアーモンドが馴染んでいるとは思えない。



デザート
DSCF5571-gd.jpg
「葡萄 シナモン風味のクレームと共にパイユに詰め 黒糖のグラスと赤ワインソース」
夫のオーダー。

DSCF5573-cd.jpg
「ショコラ・センセーション なめらかなグアナジャのクリームと
          ビスキュイ・オレオをまとったレ・コンサントレのアイスクリーム」

この器、東洋チックですね。でも、すっごく食べにくいです(汗)
チョコレート、パイ、キャラメルととても素材同士があっていて王道のお味です。


DSCF5575-co.jpg
食後は、カフェ・オ・レにしました。

DSCF5577-rf.jpg
カフェと一緒に出されたこちらの「レモンのムース スパイスジュレがけ」。
上のジュレは八角やシナモンのふんわりした風味がレモンと良く合っていて、
とっても美味しかった!組み合わせにも驚きがあり素敵☆

DSCF5564-ani.jpg
誕生日ということで、お祝いのプレートもいただきましたよ♪
ありがとうございます

DSCF5579-mer.jpg
メルシー飴をいただいて、ごちそうさまでした(^^)/
女性には、お土産のパンがお持ち帰りということで、
大きな「ブリオッシュ・オランジェ」をいただきました。またまた、ありがとうございます
お会計は、二人で3万円也。

総評なのですが、
お店の雰囲気やサービス共に素敵なレストランだと思います。
パンも美味しかった。
お料理も、非常に美味しいというものはなかったけど(なのでコメントが少ないのです)、
どれも芸術的な盛りつけで目でも楽しませてもらったし、
この値段であればコストパフォーマンスもかなり良いと思います。
でもね、全くストーリー性や感動がないのですよ。
一つ一つの料理がそれなりに美味しくても、
料理と料理のつながりや料理とワインのつながりがイマイチでまとまりがない印象です。
プリフィックスって、自由に選べる反面、チグハグな感じになりがちですよね。
お味にしてもどのお皿も中途半端ですし、
もっと選べる料理を絞って完成度の高いコース構成にして欲しいなあ。
ミシュラン3つ星というのは、
フランスの方の贔屓目のような気がしてならないのは私だけかしらん。

最近、プリフィックスばっかり増えていてつまらないと思っております。
選ぶ楽しみはあるけど、自分でオーダーすると毎回似たようなの頼んじゃいませんか?
素材の組み合わせだけでなく、お皿とお皿の流れも楽しみたいですよね。
絶対美味しいと自信を持って言えるお皿で構成された
プリフィックスでない一本気なコース料理が食べたいなあ。


レストランで気に入ったパンを求めに地下1階のブランジェリーへ。
DSCF5581br.jpg
パンの販売の事をお聞きしたら、レストランの方から10%割引券をいただきました。

DSCF5595-bz.jpg
購入したパン達
生ハムとモッツアレラチーズのオリーブサンドイッチ
ブルーチーズと蜂蜜のカンパーニュ
プティ・ルヴァン・ノワ・レザン
生キャラメルのキャレ
プティ・バケット・ロブション

DSCF5594-ob.jpg
レストランからいただいたブリオッシュ・オランジェ

DSCF5605-cp.jpg
生キャラメルのキャレ これ塩が利いていてウマウマー!
カリッとオーブンで少し焼けばキャラメルがトロトロ
生地の香ばしさとキャラメルが本当に美味しいのです!

んんー!!
どれもかなりの美味しさですよ!
ハード系の美味しさは勿論、
サンドイッチにしても具材とのコンビネーションが見事だし、
ヴィエノワズリー類のブリオッシュやキャレの
繊細さも持ち得ている部分に感動!
本当に美味しかったので、機会があったらブランジェリーのほうは再訪したいです


Joel Robuchon Rrestaurant
HP→http://www.robuchon.jp/
[PR]

by exia00 | 2009-07-20 23:51 | フレンチ
2009年 07月 18日

うな貴(うなき)

うな貴(うなき)            満足度:★★★★☆

7月19日は土用丑の日ですね。
お店が賑わう前に一足先に鰻を堪能して参りました。

仙台で一番の鰻屋さんといえば「うな貴」でしょうか。
国産鰻を備長炭と七輪で焼き上げる創業からのお味です。
鰻自体の質は普通なのですが、
素晴らしい焼き方や絶妙な甘味のタレによって、
長年に渡って仙台人に愛される鰻になっているのだと思います。
DSCF4650-ug.jpg


民家のような佇まいの店内。
DSCF4593-una.jpg

1階2階ともにお座敷になります。
お席は決して多くないので要予約です。
11時からのお昼の営業開始から
2階はお客様である程度埋まっています。
空いているように見えても予約席だったりします。
夏は特に混雑するので、
お昼時には予約で入店してもかなり待つようですよ!!


特二段お重(白焼きと蒲焼きを両方楽しめるお膳) 3600円
DSCF4599-unazenn.jpg
迷わずコレ!どっちもそれなりの量が食べたい欲張りさんにオススメ。
この値段で2つともいただけるなんて幸せです
ちょっとずつ色々食べたい方は「うな貴三昧」とか、
白焼き・鰻重・肝焼き・吸物・香物・スイーツまで付いた「うな貴御膳」なんかがいいかも(^^)
注文を受けてから焼き上げるのでお膳がくるまでに30分くらいかかります。

お重
DSCF4602-unat.jpg
ウマー!(゚Д゚ ) ( ゚Д゚) ウマー!やっぱり美味しいですねえ
鰻重は竹より少し小さいくらいの鰻が一尾。
ちょっと、あれ?と思ったのですが焼き方が変わりましたね!
以前は、かなーり焦げてる?って感じの黒っぽい仕上がりで、
備長炭の香りを十分すぎるほどに感じられる焼き上がりだったのですが、
ものすごくスタンダードな外見に生まれ変わっておりました。
不安を感じつつもいただいてみましたが、
備長炭と七輪で焼き上げる香ばしさはやはり健在のままで、
以前の強烈な焦げ(笑)がない分、食べやすくなっていました。
うな貴さんの美味しいタレが良く味わえる焼き具合ですが、
ほんのもう少しだけ焼きが強い方が「うな貴」らしさがあって良いと個人的に思います。
身のふっくら具合と表面のカリッと香ばしいコントラストは相変わらずです。
ごはんも調度良いやや硬めに炊いてあります。

DSCF4619-ut.jpg
タレをさらにかけても美味しい。
タレは、さらさらのあっさりした甘味が特徴。
ほのかに生姜の風味が隠されており、
少し多くかけてもしつこくならない絶品のタレ。
こっくりしたタレで鰻を召し上がりたい方には物足りないかな?

DSCF4634-sa.jpg
山椒は2種類。
左は、細挽き。右は、粗挽き。

DSCF4633-sans.jpg
細挽きは、すっきりした程よい刺激。


DSCF4631-sana.jpg
粗挽きは、柚子などが混ざっているのではと思ってしまうほど香り高く、
刺激香はふんわりとしている。


白焼き
DSCF4606-unas.jpg
(゚д゚)ウ-(゚Д゚)マー(゚A゚)イ-...ヽ(>Д<)ノ...ゾォォォォォ!
鰻の脂の旨味が直に味わえる一品。
脂の滑らかで甘いこと・・・堪りませんね!!
ふあふあの柔らかさも最高。
仕事がなかったら飲みたいですよ。
白焼きも大きさは鰻重の鰻とほぼ同じ。

DSCF4611-usu.jpg
山葵や塩でいただきます。山椒かけても、山葵醤油でも旨い。


DSCF4610-haku.jpg
白焼き用の白飯。

DSCF4608-s.jpg
塩と山葵

DSCF4607-o.jpg
肝吸い
やや塩気を感じるが柚子の華やかな香りで好印象。

DSCF4609-omi.jpg
香の物 小茄子・味噌漬大根・ぬか漬け胡瓜&大根という仙台らしい内容。



DSCF4645-u1.jpg
ブラウン管TVやら書物やらが置かれております。
ティッシュペーパーの箱があり、利用しようとしたら・・・空っぽ?
よく見たら・・・

DSCF4639-uat.jpg
立派なドリンク表として活用されておりました(爆笑)


DSCF4650-ug.jpg
お店の外観は、こんな感じの「THE 民家」だけれども、
仙台で長きに渡って支持されている老舗鰻屋さんの風情がでています。



【一週間後・・・7/17】
DSCF5620-ub2.jpg
三越で「土用丑の日」の催事が行われておりました。

DSCF5618-ub3.jpg
なんと、うな貴も出店!!
2625円のお弁当の他に、1260円のお弁当、う巻き、蒲焼きが販売されておりました。
買わねばと即刻購入。
この時期はいくら予約してもお店では1時間半くらい待つので、
待たずに食べられるお弁当は有り難いです(^^)
12時頃にはお弁当の第一弾が売り切れるようで、
第二弾は14時頃お店から届くとのことでした。
私は、10時の開店時に行ったので出来たてほかほかをGETできました♪

DSCF5633-ub.jpg
1260円のお弁当(鰻1/2尾・香の物・タレ・山椒付き)
この価格でも十分にうな貴の美味しさを堪能できます!
2600円のほうは鰻1尾入っているようです。

DSCF5634-uup.jpg
やっぱり、焼き具合はマイルドになっているようでした。
午後からの仕事前にいただいて元気をチャージ♪
夫も、夜からの仕事前に一時帰宅したとき食べてくれました(>_<)

DSCF5639-tuk.jpg
香の物は、小茄子と味噌漬け大根。

DSCF5638-hs.jpg
ごちそうさまでした♪
[PR]

by exia00 | 2009-07-18 00:07 | 和食
2009年 07月 03日

ブラザー軒

ブラザー軒         満足度:★★★★☆
*2009.5来店

明治35年創業という「洋食&中華」の老舗レストラン。
名の由来は、ご兄弟で経営されていたことにあるとのこと。
洋食と中華、それぞれの得意分野で腕を振るっていたようです。
ブラザー軒外観

私が愛してやまない「ねぎそば」
時折、無性に食べたくなってしまいます(>_<)
ラーメンはあまり食べ慣れないので、
どういう点を評価するのか良く分からないのですが、
とにかくここの「ねぎそば」は個人的に旨いと思っております!

DSCF3442.jpg
お得なランチメニュー。
私は、麺と一品料理が選べる「好麺」セット1260円にしました。
麺と肉まんにデザートが付いたセット1050円もあります♪

「ねぎそば」
ブラザー軒ねぎそば
もちろん麺はねぎそばチョイスです。
運ばれてきてすぐに、
香り立つ甘いネギの匂いに大興奮。

ねぎそばちゃーしゅー
麺は、加水率が低めの細麺です。
香港や上海で「拉麺」をオーダーすると決まってこんな細ーい麺が毎回出てきたけど、
中国料理でラーメンと言えばだいたいこんな麺なのかしらん?
食べやすくて私は結構好きです。
具はしんなりした長ネギと水菜、そして名物の八角で風味付けされたチャーシュー。
細切りされた具達は結構な量が入っています。

ブラザー軒ねぎスープ
このスープ!コレが大好きなんです。
具のネギとは別に、スープには揚げタマネギが入っているのですよ。
揚げた香ばしいタマネギが甘い香味油となって、鶏ガラベースのスープに馴染んでいます。
そして、チャーシューから滲み出る八角の香りが、
このスープをより奥深いものにしているように思います。
揚げタマネギの油が膜となってスープが冷めにくいのも良いですね〜
シンプルなんだけど、後引く美味しさ。
翌日に思い出してまた食べたくなる余韻があります。

小皿菜・・・豚肉とピーマンの細切り炒め(肉少なめでオーダー。)
ブラザー軒チンジャオルース
しゃっきりしたピーマンとタケノコが、
ネギ油とオイスターソースにからんで流石の美味しさ
味付けは甘め。

デザート(マンゴープリンか杏仁豆腐か選べます)
ブラザー軒マンゴープリン
マンゴープリンはムース状です。
滑らかで普通に美味しい。
生フルーツが付いているのが嬉しいですよね♪
なんと、完熟プラムも付いていて美味しかった〜(>_<)


ブラザー軒店内
店内はこんなにシック!
女性はラーメン屋さんに入りにくいという人が多いけど、
こんな店内なら落ち着いてラーメンがいただけますね☆
デザートが付くのでそういうところも女性には嬉しいところです。
中華では他に五目焼きそば、洋食ではハンバーグがオススメです(^^)/
でも、一番はやっぱり「ねぎそば」を召し上がってほしい〜。
お得なランチメニューは、洋食・中華どちらも複数用意されておりますよん♪


「ブラザー軒」
住所:仙台市青葉区一番町4-2-20
(一番町四丁目買物公園アーケード内のNAKAGAWAより路地に入ってすぐ)
TEL:022-222-1171
営業:11:30〜20:30(L.O.20:00)  木曜定休
[PR]

by exia00 | 2009-07-03 20:26 | エスニック・中華