ランチのちワイン、時々トラベル。

g00exia.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 17日

東京2009年6月④ 最終回

スイーツを求めて自由が丘へ。
元来、スイーツの類よりもお煎餅の方に萌える私なのですが、
グルメ上司から美味しいパティスリーがあると聞き及びお伺いしました。
DSCF3940.jpg
「Patisserie Paris S'eveille(パティスリー パリセヴェイユ)」
住所:目黒区自由が丘2−14−5 館山ビル1F
TE: 03-5731-3230
営業時間:10:00〜20:00 無休

DSCF3923-p1.jpg
イートインスペースもあります。
パティシエさんは、金子美明さんというフランスで修行を積まれた方のようです。
2003年にOPEN。

DSCF3921-sho2.jpg
どのケーキも素敵すぎて・・・

DSCF3920-sho.jpg
なかなか選べません(TдT)


店員さんにお店一番のオススメや好みを相談して何とか決めました。
DSCF3925-zen.jpg
ケーキのお供は、アイスアールグレイティー630円


DSCF3929-pis.jpg
タルト・ア・ラ・ピスターシュ・エ・オ・グリオット550円
こちらが感動的に美味しかったのです!!
私のスイーツ歴は大したことがないので参考にはならないのですが、
今まで食べたケーキの中でダントツに一番美味しかったの(゜д゜)ウマー!
食べた瞬間に電流が走りました〜
タルトの香ばしさとクリームダマンドの濃厚さを
甘酸っぱいグリオットがきゅうっと締めているのですが、
ふわふわのピスタチオムースの若草のような芳香がふんわりと薫ったかと思うと、
最後には洋酒が利いた甘くない生クリームのほろ苦さが心地よく口に広がるのです。
一つ一つの要素が渾然一体となって素晴らしい大人のケーキに仕上がっていました。
これ、本当に美味でした。
店員さんオススメの逸品です

DSCF3930-pis2.jpg
麗しき断面。
香ばしく焼き上げられたタルトの中に、
さくさくのフィヤンティーヌや
洋酒がほのかに薫るクレームダマンド(アーモンドのクリーム)が納められており、
タルトの上にグリオットジャム(酸味の強いサクランボ)とピスタチオのムース、
シャンティ・キルシュ(サクランボ洋酒が利いたほろ苦い生クリーム)がのっている構成。
飾り付けは大きなグリオットとピスタチオ。


DSCF3928-cho.jpg
フィグ・オランジュ 550円
チョコのビスキュイ・オレンジとイチジクのコンフィチュール・ビターチョコのガナッシュが、
重量感ある層になって構成されているケーキ。
トッピングはオレンジとイチジクのドライフルーツ。
グランマニエ(オレンジリキュール)のシロップが利いています。
オレンジとチョコの組み合わせはよく見かけるけど、
イチジクが入ることにより上品で一筋縄ではいかない大人のケーキになっていました。
感動的!とまではいかないけど、
とても美味しいチョコレートのケーキです。
パリセヴェイユさんはチョコを使ったケーキが得意のようで、
チョコケーキは4〜5種類くらいショーケースに並んでいておりました。



すっかり「パリセヴェイユ」さんに恋をしてしまった私は、
なんと翌日もお伺いしてしまいました(>_<)
だって、すっごく美味しかったんだもん。
他のケーキも気になるし、パンも食してみたいという欲望に駆られたのです。
DSCF4332-zen2.jpg
またまた、ケーキのお供はアイスアールグレイティー630円


DSCF4337-2t.jpg
迷いに迷って選んだのはこの2つ。


DSCF4341.jpg
サントノーレキャラメル 500円
パイ生地にカスタードクリームと飴がけのプチシューをのっけて
キャラメル味の生クリームとローストナッツをトッピングしたケーキ。
これも、かなり可愛くて美味しい。
やや単純な作りなのかなと思っていましたが、
パイ生地とキャラメルクリームの合うことと言ったら!もう!
プチシューの中にもちゃんとカスタードクリームが入っており、
飴がけされた表面をカリッとかじると
香ばしさとともにバニラビーンズの利いたカスタードがたっぷり入っています。
シャンティ・キルシュよりは甘いけど
このキャラメル生クリームがほろ苦ニュアンスでかなりツボ。


DSCF4339.jpg
ロアジス 520円
しっとりしたジョコンド生地(アーモンド風味のスポンジ)の中に、
オレンジのコンフィチュールとマスカルポーネクリームが、
ムースのようにふわふわとおさまっており、
上にはオレンジ風味のホワイトチョコレートクリームが絞られています。
マスカルポーネの軽やかな甘味とオレンジの爽やかな酸味が何ともマッチ。
これは、二口くらいでするりんといただけてしまいます。
アールグレイとも相性がぴったり。


【お土産】
DSCF4343-br.jpg
美味しそうなパン、クッキー、パウンドケーキが山盛り売っておりました。

DSCF4348-pont.jpg
この、ポン・ヌフ!絶品!!
パンの域は軽く超えていますね!

DSCF4354.jpg
クレームパティシエール(カスタードクリーム)を練り込んだパイ生地のしっとり具合が最高。
真ん中にマラスキーノというチェリーのリキュールが染みこんだチェリーが入っています。


DSCF4342.jpg
パンは、食事用に2つ。
トマトとバジルのプチフランス&ソーセージ入りフランス(ローズマリーが利いてます)

DSCF4357-KUIZ.jpg
クイニーアマン
バターや塩の名産地ブルターニュ地方の伝統的な焼き菓子。
大好物なのですが、これも絶品!!

DSCF4475-KUI.jpg
底(本当はこっちが表面)は、美しくカリッとキャラメリゼ。
真ん中はじゅわっとふわっと塩バター風味で甘じょっぱい。
パイ生地がゴツッと硬めでザクザクしたお砂糖が楽しめます。
塩&バター&砂糖の素晴らしいコンビネーション!!


DSCF3934.jpg
パウンドケーキ(レモン・ドライフルーツ)、栗のマドレーヌ、チーズのクッキー
どれも美味しいけど、
チーズのクッキーが特に好き。
サクサクのパイ生地にチェダーチーズかな?とってもコクがあって良い。

DSCF4350.jpg
コンフィチュールも絶品のようですね♪

予定を変えて2日に渡って堪能できて嬉しかったです☆
田舎物の私なんかは、
東京のものというだけで有り難い気になって何でも美味しいような気がしてしまいますが、
そういう先入観を抜きにして考えても素晴らしいスイーツだったなあと思います。
仙台にも美味しいケーキ屋さんはあるけどたくさんというわけではありません。
パリセヴェイユのような洗練されたパティスリーがゴロゴロある、
東京ならではの選択肢の多さが羨ましいなと思いました(^^)
住みたいなあ〜東京
[PR]

by exia00 | 2009-07-17 20:53 | 東京2009-6


<< うな貴(うなき)      東京2009年6月③ >>